2019冬ドラマ 3年A組

3年A組の第1話あらすじ&感想。菅田将暉の演技が怖い

投稿日:

お正月明けからスタートした菅田将暉さん主演で先生役のドラマ。

馬鹿にされてた先生が、ある日、クラスの生徒全員を監禁し、人質にするというサイコパスな役柄。

類を見ない設定の学園ドラマと展開で非常に面白かったです。

3年A組のあらすじと感想をまとめました。ネタバレ含みます。

3年A組について

3年A組

1話の再放送

Huluで全話見ることが出来ます。2週間無料!。

Huluで3年A組を視聴する

公式サイト

日テレ系にて日曜日夜22時30分~

登場人物の相関図

日本テレビ公式「3年A組」のキャスト相関図

 

3年A組1話の感想

正月番組のCMに何度も挟まっていて気になっていた番組です。

俳優さん目当てではありませんが、菅田将暉さんということで少し興味が出ましたので視聴しました。

 

まずはじまりから本日をもって自分の授業は終わりだという宣言からはじまります。

今作のドラマの内容が過去のものだということがわかります。

 

CMの時点で爆弾がどうとか、人質になってもらうだとかそういう話だったので

ここでその人質としての篭城期間?が終わるのかな、と思っていました。

 

冒頭は、開始から学校の職員室で始まるラジオ体操のシーン。

これがまたすごくて、ラジオ体操と思えないキレキレな速さ。このシーンは、ぜひ見てほしい。

これもはやダンス、というラジオ体操でめちゃくちゃ笑いました。

 

学校では菅田さんの演じる柊先生が雑魚キャラとして、生徒からは馬鹿にされてなめられているようでした。

それが一変します。

 

早速教室でもバカにされたりをしているところに大切な知らせがあると言い

あのCMの問題のシーンが来ました。

 

今から、皆さんは人質です。

 

3年A組全員人質宣言がされます。

それを信じない生徒たち

 

ここで柊先生は、爆弾による爆発を見せます。

もちろん、本物・・・。

 

ケラケラ笑ってた生徒たちが一変!、悲鳴に変わります。

 

このドラマがはじまります。

 

菅田さんの雑魚キャラを隠した芝居から、だんだんと飄々としつつもシリアルキラーというか、サイコパスというお芝居に背筋が凍る勢いでした。間延びしつつも声が通る、ビクっとしてしまった・・・。

 

そして突然はじまる「俺の授業」

どうしてこのクラスが人質になったのか、という問答から始まります。

 

この爆弾、柊先生の態度からわかる静かに言うことを聞き

答えなくてはならない

という静かな緊張感が走った教室は見ているだけでも怖かったです。

 

 

景山澪奈というクラスメイトが自殺したところに理由があるといい

その自殺に関与したクラスメイトがいるといった。

 

その景山の自殺の真実を夜8時までに暴けたら全員を開放すると伝えます。

学級委員長の茅野に答えろと言って

美術準備室にいなくなってしまいました。

 

どんどん飄々とサイコパスに見えてくる柊先生。

警察を自分で呼んだり不可解な行動が多くなっています。

 

生徒は逃げ出すことをばかり考えますが

爆弾の爆発に脅され、次第に生徒たちは景山の自殺について考え出します。

 

1話にしては展開が早く、どんどん柊先生の背景や教師としての話もさくさくとわかっていきます。

 

クラスの生徒はかなり棘があるキャラクターが多くて第一話にしてキャラクターがわかりやすく、話はさくさく進みつつもこれからどうなるかわからないので、これからドラマを見るのがとても楽しみです。

 

3年A組1話の出演キャスト

  • 柊一颯(菅田将暉)
  • 茅野さくら(永野芽郁)
  • 市村浩一(ベンガル)
  • 武智大和(田辺誠一)

 

3年A組の脚本

  • 武藤将吾(クローズZERO、仮面ライダービルド)

 

見逃し配信

見逃し配信は、Huluから見る事ができます。2週間無料で観れます。

-2019冬ドラマ, 3年A組
-,

Copyright© ドラマ・ジャパン【話題のドラマ感想ブログ】 , 2021 All Rights Reserved.