2018秋ドラマ 下町ロケット

下町ロケット9話のネタバレあり感想。的場の失脚&アルファ1のトランスミッションとエンジン依頼

投稿日:

下町ロケット9話の感想とあらすじについてまとめてみました。

帝国重工の的場と奥沢は相変わらずのクズっぷりでしたが、その分スカっとするシーンもありました。

ネタバレ含みますので、ご覧の際はご注意ください。

下町ロケットについて

下町ロケット

公式サイト

TBS系にて日曜日夜21時~

登場人物の相関図

TBS下町ロケット公式ページより

 

前回のあらすじ

下町ロケット
下町ロケット8話のあらすじと感想。アルファワンとダーウィンの対決

下町ロケットの第8話は、帝国重工のアルファワンと、ダイダロス&ギアゴーストのダーウェインが大激突。とても見応えのある回でした。 簡単なあらすじと感想をお伝えしていきますね。 かなり念入りに記事書いたので、ネタバレかなり含みます。録画している方はご注意ください。 この記事の目次1 下町ロケットについて1.1 8話の再放送1.2 公式サイト1.3 登場人物の相関図2 下町ロケットの前回のあらすじ3 下 ...

続きを見る

 

下町ロケット9話のあらすじ

順を追ってみていきましょう。

帝国重工はアルファ1の失敗を野木になりつける

アルファ1の失態は動画配信サイトでも配信され、ものすごい拡散ぶり。

帝国重工のアルファなんて誰が買うんだ!?という風潮になってました。

帝国重工的場は以前にも失敗をギアゴースト社長・伊丹に擦り付けたことがあります。

 

そんな的場がアルファ1の失態を素直に認めるはずもなく、失敗した要因は野木プログラムにありと野木に責任転嫁をします。

ちゃんとした調査の結果ならまだしも、ロクに調べもせずに・・です。

 

これに野木と財前が意見を言うも、的場は耳に貸しません。

それどころか野木が開発コードを渡さないからこういう事態になった!

開発コードを渡せ!渡さないなら法的手段に訴えるとも。

 

酒場で佃に愚痴る野木。

 

野木に帝国重工を勧めたのは佃ですから、他人事じゃありません。

何度も動画を見て検証した結果、トランスミッション等の駆動系に問題にあるのは明らか。

なんとか助けられないか?と財前に相談し、ある方法を思いつきました。

原因究明の為に佃があるテストを実施する

的場のやり方に問題があると感じている財前。

そんな矢先に佃から相談があり、ある計画を思いつきます。

野木プログラムはそのままで、帝国重工以外のトラクターでアグリジャパンと同じテスト走行をしてみようと。

もしこれで失敗すれば、野木プログラムにトラブルがあるのは明白。

逆に成功すれば、トラブルは帝国重工側に。

 

野木プログラムを積んだ佃製作のトラクターは無事テストをクリア。

今回のテストコースは帝国重工の指示により、アグリジャパンテスト時よりも悪条件でした。

それすらクリアしたのですから、帝国重工側に問題があるのは明らかです。

しかしこの結果を前にしても的場・奥沢は認めません。

 

今回のテスト結果は参考にさせてもらうがそれだけだ・・・と。

佃・野木・財前が訴えるも、的場はスルーです。

的場が室外へ出ようとした所で、ある人物が入室します。

藤間社長の登場で奥沢がボロを出す

ある人物とは帝国重工社長・藤間。

藤間にトランスミッションバルブテストを進言する佃。

これに奥沢は猛反対。

 

藤間社長は

「帝国重工側に問題がないのなら堂々と見せてやれ」

「それでこそわが社の潔白が証明されるというものだ」

とテストを受ける意向をしめします。

 

ここで奥沢がボロを出し、原因不明のトラブルがあることを白状しました。

 

藤間は的場・奥沢にピシャリ!!

カッコ良すぎました。

 

奥沢は藤間社長から責められて真っ青な顔色に。

 

的場はプロジェクト改竄や責任転嫁した事も追及され顔真っ赤に。

また帝国重工の社長である藤間が野木に謝罪する姿にもしびれました。

今まで奥沢・的場に溜まったものが全部出た!ってぐらいスッキリな場面でしたね。

 

佃製作所製ロケットバルブvs帝国重工製ロケットバルブ

アルファ1の失敗で的場は力を失い、藤間が盛り返すことに。

これによりロケット開発にも希望が見えてきます。

 

一見良い事尽くしですが、今回の事で

藤間がアルファ1プロジェクトの責任者となることに。

 

つまりここからの失敗は藤間社長が取ることになります。

失敗は許されない・・と財前にも気合が入ります。

 

以前からキーデバイス完全内製化を目指していた帝国重工。

 

とうとう佃製作所のバルブと帝国重工のバルブのテストが行われました。

 

帝国重工製バルブのあるゆる数値を上回った佃製作所バルブの圧勝となり、佃製作所のバルブが選ばれることが決定します。

このあたりで親娘のコミュニケーションも行われます。

結果は利奈の敗北でしたが、後腐れなく良好な関係に。

 

アルファ1のトランスミッションとエンジンの製作依頼

アルファ1の失敗を機に、内製化方針から技術力重視へと転換します。

これにより外注もありになりました。

 

これにより財前は佃にアルファ1のトランスミッションとエンジンを製作して欲しいと依頼を出します。

しかしこれに即答出来ない佃。

以前も同じように依頼され、野木を説得してからハシゴを外されたという過去がありますから当然です。

しかも今回はアルファ1の失態により、帝国重工のアルファ1の信用度はマイナスの状態です。

 

このプロジェクトが成功するかどうかわかりませんし、失敗すれば藤間社長の失脚にも繋がりかねません。

もし藤間社長失脚ともなれば、ロケット開発にも影響が出てくるでしょう。

色々と悩みながら、次週へと続きます。

 

下町ロケット9話を観た感想

大まかなあらすじはこんな所です。

今回は藤間社長の印象が強すぎでしたね。。

これにより的場が大人しくなってくれればいいんですけど。

 

何気に気になったのがトランスミッション開発です。

下町トラクター・ダーウィンも爆弾を抱えています。

原因不明の急停止というトラブルがあったものの、まだ何が原因か解明されていない様子でしから。

アグリジャパンのイベント時、島津がダーウィンのトランスミッションを見て何か気にしてるのも気になりました。

ギアゴーストのトランスミッションは凄いとはいえ、島津の開発力があればこそ。

島津抜きだとどこまでやれるかは未知数です。

それを伊丹も理解してるのか、島津にちょっかいを出してます。

 

佃の方もアグリジャパンイベントの時に島津を追いかけていましたから、トランスミッション開発に島津の力を借りたいんだろうなと想像出来ます。

果たして島津をどちらが手にするのか。

こういった点も気になりました。

 

-2018秋ドラマ, 下町ロケット
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© ドラマ・ジャパン【話題のドラマ感想ブログ】 , 2021 All Rights Reserved.