2018秋ドラマ 相棒シーズン17

相棒シーズン17、9話のネタバレあり感想。外国人襲撃事件!伊丹刑事が懲戒免職?の絶体絶命

投稿日:

最近の相棒の中で一番ムカムカした事件が9話でした。

外国人を次々と襲撃する4人組に、伊丹刑事が巻き込まれます。そこには、代議士からの圧力で捜査出来なくなったり、傷を負った伊丹刑事がなぜか懲戒免職の処罰をうけそうになるという展開に。

ここでどう対処していくのか、杉下と冠木の推理が見ものです。

相棒シーズン17、9話のあらすじと感想をまとめました。ネタバレ含みます

相棒シーズン17について

相棒17

公式サイト

テレビ朝日系にて水曜日夜21時~

登場人物の相関図

 

前回のあらすじ

相棒17
相棒シーズン17の8話のネタバレあり感想。呪いの回。大木さんがチラっと映っている

「相棒シーズン17」の第8話は、オカルト要素が入っていて結構面白かったです。結局人間が犯罪を犯し、それを杉下さんが暴いていくという内容だったんですけどね。オカルトが苦手な冠城さんとオカルト大好きな杉下さんの対比も楽しめましたね。 感想とあらすじについてまとめてみました。ネタバレ含みます。 この記事の目次1 相棒シーズン17について1.1 公式サイト1.2 登場人物の相関図2 相棒シーズン17、8話 ...

続きを見る

 

9話のあらすじ

ある日、サルウィン人の男性が変死体となって発見されました。

現場付近では、1年ほど前から外国人を無差別に襲撃する自転車集団が街に出没していました。

 

捜査を進める伊丹刑事(川原和久)は、牛丼店の店員である被害者のサルウィン人と顔見知りでした。

 

伊丹は、今回は所轄署だけで捜査を進め、捜査本部を立てないことを告げられました。

だが、所轄署は聞き込みすらしている気配がなく、どこかキナ臭さを感じた伊丹は、「俺が一人でやる」といって単独捜査を開始しました。

 

後輩の芹沢慶二刑事(山中崇史)は伊丹が心配になり、特命係に捜査を依頼することにしました。

 

冠城のコネで法務省から情報を得たり、ネットで情報収集するなど特命係が調査を進めるうちに、代議士・敷島純大(井上肇)の長男(純二)が外国人に対して過激な思想を持っていること、そしてどうやら敷島代議士が所轄署に圧力をかけ、捜査を止めさせたことが次第に判明してきました。しかし伊丹は特命係の協力を拒否して、「俺は一人でやる」といって感情的になって暴走するのでした。

 

パチンコ店らしき店の店頭に駐輪されている自転車の捜査をしているのを、犯人のグループの一人が発見し

その夜、伊丹は犯人グループに襲われて負傷してしまいました。

ボコボコにやられてしまい、かなりの重症です。

 

それを救ったのは、被害者で殺害された男性(牛丼店員)の同僚のサルウィン人女性でした。

伊丹は犯人グループともみ合った際、グループの一人から証拠となるペンを入手していました。

 

特命係の二人と芹沢は、敷島代議士の息子を含むグループのメンバーを捕らえたが、息子の暴言に腹を立てた伊丹の手荒な取り調べを行ったため、父親の敷島代議士は伊丹を起訴をすると警視庁の上層部に脅しを入れました。

もうね、このシーンが、ムカついて仕方がなかったです。こんなことがまかり通ってよいのかと。

 

聞き取りで、主犯の純二は事件の夜、外国人4名を襲って一方的に警棒で殴打したと答えました。司法解剖の結果を見て、右京は「犯人は、あのグループとは別にいます」と確信したのでした。

 

結局、日本人の派遣社員で、事件の日に牛丼店で被害者ともめ事を起こした男性が浮上し、被害者がグループに襲われた後に、被害者と殴り合い、結局その際に頭を打ったことが原因で死亡したことがわかったのでした。

 

敷島代議士は、「息子の事件すらもあったかどうか疑わしい」と、杉下と冠木に脅迫めいた言葉を吐きます。

県警に不満を申しだてるような言い方をしました。

 

しかし、ここで、杉下がひとこと言います。

「貴方は、もうすぐ力を失います。」

 

結果的に息子の純二は殺人の罪を免れたが、マスコミが敷島代議士が息子の罪を隠蔽しようとしたことなどを、突き止められてしまいました。

辞任せざるを得ない状況だったのです。

 

証拠になったのは、伊丹が入手したペンについた血液のDNA鑑定の結果でした。

最終的に、敷島親子が起訴を取り下げたため、伊丹は懲戒免職を免れたのでした。

 

最終的に、これで終わり

高圧的な代議士と、常軌を逸した息子の行く末がどうなったか描かれませんでした。

 

見ていて、視聴者が見ていてムカムカした気分の行き先がなく、何か見ていて不完全燃焼で終わった感じでしたね。

他にすり替えられた感があります。

これは演技云々ではなく、脚本そのものです。

そこが残念でした。

 

9話の感想

「相棒」は、初代相棒の頃から大好きで見ています。今回も、右京の冷静な推理によって真相が暴かれました。

いつもながら見事な推理でした。今回は、代議士(の息子)が相手でしたが、権力を恐れない右京の姿勢が私は大好きです。

県警まで脅せるような代議士って、どうなの??って非常に不愉快な気分でしたが、最終的には面白かったです。

 

また、最後に、初代相棒(寺脇康文演じる亀山)の名前は出ませんでしたが、冠城の口から彼のことがほのめかされました。

第8話では、伊丹刑事が「特命係の亀!」と言っていましたし、亀山の再登場はあると個人的には思っています。とても楽しみです。

なお、番組の最後で、「相棒」の元日スペシャルの予告がありました。神戸くんの姿がチラっと出ました。

元日スペシャルも絶対に見たいと思います。

 

-2018秋ドラマ, 相棒シーズン17
-, , , ,

Copyright© ドラマ・ジャパン【話題のドラマ感想ブログ】 , 2021 All Rights Reserved.