2018秋ドラマ 大恋愛

大恋愛9話のあらすじと感想。尚の妊娠と出産&薫と侑市は結婚

投稿日:

大恋愛の9話は、残り回数も少ない事から、物語は一気に進みます。

尚の妊娠と出産。薫と侑市も結婚しました

たった1話の間で、めまぐるしく時間軸が変わります。4年も時間軸が進みます。

ネタバレをかなり含む感想記事になります。ご覧の方はご注意を。

大恋愛について

大恋愛

公式サイト

TBS系にて金曜日夜22時~

登場人物の相関図

 

大恋愛の前回までのあらすじ

前回8話のあらすじはこちらの記事をご覧ください。

大恋愛
大恋愛8話のネタバレあり感想。松尾公平も若年性アルツハイマー病。

大恋愛8話は、尚に近づく、松尾公平(小池徹平)がキーパーソンになっていくかという話でした。松尾公平も若年性アルツハイマー病を抱えていました。尚と同じ病気ということで親近感が湧いたのです。ほぼストーカーのような狂気の演技に驚きました。小池徹平くんって、こんなに演技がうまかったかしら。。感想とあらすじを、まとめてみました。ネタバレ含みます。 この記事の目次1 大恋愛~僕を忘れる君と〜について1.1 公 ...

続きを見る

 

大恋愛9話のあらすじ&感想

2014年12月 尚の妊娠

2014年12月、尚の妊娠という嬉しい出来事がありました。

さすが産婦人科の尚、本当に妊娠できるなんてすごいですね。

 

帰ると真司は、水野と話をしていて話しかけられませんでした。

水野はとても良くしてくれるけど、妻である尚には出来ないこともあり落ち込むこともありますよね。ご飯を食べながら、やっと真司に妊娠を報告できました。ものすごい喜びようでした。本当に嬉しいのですね。

 

妊娠を喜び、尚のために家中に張り紙をする2人。

張り紙は前よりも増え、妊娠も張り紙をしておかないと忘れてしまうのかもしれません。

妊娠は嬉しいけど、生まれるまで心配でなりません。

 

薫と侑市は結婚!

薫と侑市の関係にも進展がありました。

この2人が、まさかこんな展開になるとは予想していませんでした。

薫は尚の実の母親です。

薫は素敵な女性ですから、好きになるのはわかりますね。きっと、侑市はいつも凛としている薫の、弱い一面を見てひかれたのでしょうか。

侑市の母も、それは驚きますよね。

 

反対されても、プロポーズする侑市がカッコよすぎです。ウエディングドレスの薫もきれいでした。

侑市は、尚と真司に義理の父という立場になるなんて、ちょっと複雑です。

 

2015年8月 尚の出産!息子の名前は「恵一」に

2015年8月、尚は陣痛が来ても焦ることなく無事に出産出来ました。

そこは専門家ですから、大丈夫ですね。

 

赤ちゃんは男の子で「恵一」と名前を付けました。無事に出産できて本当に良かったです。育児は普通の人でも大変なのに大丈夫でしょうか?

クリスマスを親子3人で楽しむ様子は、真司の思い描いていた家族になっているのかな。

真司が執筆できるように、水野が尚のサポートをしてくれていました。

尚が1人で恵一のお世話をするのは、やはり無理なようです。

病気の進行は止められないのですね。尚は自分が真司の重荷になっていると感じているようでした。

水野は「先生の創作の源なのです」と言ってくれました。

 

真司は、尚がいたから小説家としてやり直すことができて、作品も書けるのだと思います。

でも、病気の進行していく尚のことを、書いていくのは真司もきっと辛いはずです。

 

2018年

2018年、真司の小説は人気でした。

そして、真司は尚のために家を買いました。恵一も3歳になっていました。

 

尚は以前と様子が違い、病気はどんどん進行しているようです。

真司を見てほほ笑む尚の顔は無垢な感じです。

家の中には張り紙が増え、尚も忘れることが増えているようです。

恵一は、どうしても公園に行きたいと駄々をこねます。

真司は心配しながらも2人で行かせましたが、恵一はよそ見をしているうちに蝶を追いかけいなくなってしまいました。

帰ってきた尚は、そのことに気づいていないようです。

真司は急いで探しに行きます。

尚は恵一のことを忘れていたのかな?いつかこんなことが、起きてしまうのではないかと思っていました。

 

みんなに手伝ってもらい探しますが、なかなか見つかりませんでした。

尚は、恵一がいないことは理解できるけど、自分のせいということはわからないようでした。

探しに行くという尚を、真司は怒鳴ってしまいました。真司も辛いけどどうしようもないのですね。

 

朝になり無事に恵一は見つかりましたが、尚は何か迷惑をかけたということに気づいてしまったようです。

そのことで、尚はメモを置いていなくなってしまいました。

 

年月が経つにつれ、真司はどんどん小説家らしくなってきました。

尚は1人で出来ないことも増えてきたようです。

尚のしぐさや表情でも進行を感じました。

 

でも、遺言だといった言葉はせつなくなりますね。「遺言なんかいらないよ」と怒る真司には驚きました。

真司は、病気の進行していく尚でも大切に思ってくれていると感じました。

妊娠、出産、育児と幸せな時間はやはりずっとは続かないのですね。

最終回、いなくなった尚は見つかるのでしょうか?

真司と恵一と幸せな3人に戻って欲しいと思います。

 

-2018秋ドラマ, 大恋愛
-, , , ,

Copyright© ドラマ・ジャパン【話題のドラマ感想ブログ】 , 2021 All Rights Reserved.