2018夏ドラマ ハゲタカ

ハゲタカ1話の感想(ネタバレあり)綾野剛が演じる鷲津政彦が見もの!

投稿日:

綾野剛さんが主演のドラマハゲタカ1話の感想とあらすじについてまとめてみました。

大森南朋さんのはまり役だったイメージが強い主人公を、どうやって綾野剛が演じるのかもみものでした。

ネタバレ含むので、まだご覧になっていない方はご注意ください。

ドラマハゲタカについて

ハゲタカ

公式サイト

テレビ朝日系にて木曜日夜21時~

 

ハゲタカ 1話の感想

昔NHKでやっていたドラマ「ハゲタカ」のリメイク版です。

 

NHKの大森南朋と柴田恭兵の渋い男のコンビが余りにも印象に残っていたので綾野剛に主人公、鷲津の心の闇が表現できるかが少し不安で最初はあまり期待していませんでした。

 

しかしドラマを見るとこれはこれで面白かったです。

みごとに綾野剛としての鷲津が演じられてます。

 

原作とは根本的な部分は一緒ですが出てこないキャラクターや若干の変化が付け加えられています。NHK版もテレ朝とは違いますが、栗山千明演じる女性記者キャラが話にアクセントをつけていました。

 

最初はバルクセールのシーンから始まります。外資系のハゲタカファンドなのにそこのトップが日本人でメガ版の社員さんが驚くところはよくできているなと思いました。

 

ゴールデンイーグルといわれるぐらいなのだからもっと横柄な態度を取ってもおかしくないのに、地味なスーツに丁寧な口調というギャップを上手く表現できていました。綾野剛の演技力の高さが伺えます。まさに能ある鷹(ゴールデンイーグル)は爪を隠すを上手く表現していました。

 

少し残念だったのが鷲津の部下のアランです。本来は流暢な日本語を話すスマートな白人男性という設定なのですが、彫りの濃い顔をした日本人でした(池内博之さん)。原作読んだ方は、突っ込みたくなるかも。私が脚本家なら厚切りジェイソンがいいかなー。彼も実際エリートビジネスマンですし会っているのではないかと思います。

 

最初の丁寧で地味なビジネスマンという印象とは裏腹にバルクセールの査定のシーンでは冷徹な部分が表現されます。三和銀行の柴野が提示する額を大きく下回る査定額を突き付けます。さっきまでは物腰柔らかだった鷲津が急に冷徹なアメリカンバンカーになります。外観は黄色人種でも中身は白人社会のビジネスに染まった鷲津の尖った部分は見所です。

 

NHKに比べてここが良いと思ったのが原作にも出てくる沢尻エリカが演じる松平貴子というホテルオーナーが出てくることです。NHKでは鷲津が過去と正面から向き合う姿に焦点が当てられていましたが、今回は同時進行で松平貴子の方にもスポットライトが当たるので二つのストーリーを同時進行で楽しめるのではないかと思います。

 

他にもファッションも面白いです。NHKでは黒のスリーピースに少し上げた髪の毛とフチなし眼鏡が鷲津のトレードマークでしたが、綾野剛演じる鷲津は黒のツーピース、薄い黒いフチがある眼鏡、細いネクタイ、タブカラーのシャツ、下した髪の毛という感じで結構モダンなテイストを取り入れています。ファッションにも注目するとドラマが面白くなります。

 

ハゲタカ 1話のおもな出演キャスト

キーマンになる人物だけピックアップ。

  • ホライゾンジャパン代表 鷲津政彦(綾野剛)
  • 三葉銀行 芝野健夫(渡部篤郎)
  • 松平貴子(沢尻エリカ)

 

ハゲタカの脚本・監督

原作は、真山仁著「ハゲタカ」「ハゲタカⅡ」

脚本

  • 古家和尚(任侠ヘルパー)

監督

監督は相棒シリーズで監督をとった和泉聖治さん。スピード感や展開のうまさは流石のひとこと。

  • 和泉聖治(相棒)

 

 

-2018夏ドラマ, ハゲタカ
-, ,

Copyright© ドラマ・ジャパン【話題のドラマ感想ブログ】 , 2021 All Rights Reserved.