2018秋ドラマ リーガルV

リーガルV6話のネタバレあり感想。詐欺結婚相談所相手に海崎と法廷で闘う

投稿日:

今回のゲストはカラテカ矢部太郎。結婚相談書で知り合った女性(逢沢りな)から無価値の土地を売りつけられます。それを京極法律事務所に相談に来るのですが、1話で完結しない長丁場になります。

リーガルVについて

リーガルV

公式サイト

テレビ朝日系にて木曜日夜21時~

前回のあらすじ

リーガルV
リーガルV5話のネタバレあり感想。今回のテーマはネット上でバッシング

5話のネタバレありの感想書きました。今回のゲストは瀬戸利樹、戸塚純貴、志垣太郎。 今回も半グレ集団、ネットでのバッシングなど、世間の問題を盛り込んでます。 この記事の目次1 リーガルVについて2 前回までのあらすじ3 リーガルV5話の感想4 リーガルV5話の出演キャスト リーガルVについて 公式サイト テレビ朝日系にて木曜日夜21時~   前回までのあらすじ   リーガルV5話 ...

続きを見る

 

リーガルV6話の感想

パラリーガルの馬場は最近付き合い始めた藤原夏純(逢沢りな)が別の男性といるところを目撃、さらに職質まで受ける破目になりショックを受けます。

 

翌日京極事務所に相談に訪れた塩見一郎(矢部太郎)が、無価値の土地を法外な値段で売りつけられたらしいとわかり、事情を尋ねたところ、その売買には婚活相談所ローズブライダルで紹介された女性が関係していることが分かります。

 

でも、その女性は何と馬場が付き合っている(と思っている)女性と同一人物だったのです。すぐに連絡を入れると携帯電話も勤務先電話も使われていないとのアナウンスが…詐欺にあったことを認めざるを得ない状況でした。

 

一人息子の結婚を心待ちにしている老いた母のためにと婚活に励む塩見は、言われるままに夏純名義でその土地を買うために亡き父の残した退職金、保険金を3千万もつぎ込んでいたのです。京極の鑑定価格では5百万にもならないひどい土地でした。

 

早速もうひとりのパラリーガル、理恵がローズブライダルに入会し、潜入捜査をすることに。入会金30万円をはじめ様々な名目でお金のかかる高級相談所への潜入にうきうきでお見合いに励む理恵。でもせっかくのお見合い相手を調査対象の女性夏純に奪われてしまいます。

 

一方翔子のたってのお願いで、殺人罪で懲役9年を言い渡されている守屋至(寛一郎)に面会する圭太ですが、全く話をしてもらうことができません。翔子の弁護士時代に一体何があったのか、おいおい事情も分かってくると思いますが、今はまだ謎のままです。

 

たまたま刑務所で圭太の姿を見かけた白鳥の報告で翔子の関与を知り、秘書に怒りをぶつける天馬。無表情で秘書にワインを振り掛ける姿にはぞっとさせられます。

 

馬場の尾行調査で夏純の身元や住所が判明、六本木のキャバクラ嬢だったことが分かりました。事務所に呼んで本人に事情を聞いたところ、結婚の約束をした覚えもなく、指輪も貰っていない、結婚詐欺だなんて証拠はあるのかと開き直られる始末で、プレゼントを即刻換金していることも、貰ったものをどうしようと勝手と言い、逆に録音した結婚を迫る塩見の言葉があることや、自分の前にも10人の女性に同じ言葉で結婚を迫っていたことを暴露し、責任逃れの対策はバッチリの様子です。

 

そんなに言うなら土地は返すから、もうこれで終わりにして欲しいと言い、同様に騙した馬場になじられても複数の男性と付き合っていけない法律があるのかとくってかかる、盗っ人猛々しい傲慢な態度を崩さない夏純。あまりの手際よさにローズブライダル自体が詐欺企業ではないかとの疑いを抱いた翔子たちは調査を開始し、裁判に踏み切ります。

 

調べれば調べるほどひどい実態が明らかになってきました。会員の結婚願望をいいことに反省会と称して飴と鞭で自己啓発プログラムを次々受けさせ、更に1講座あたり30万円ものお金を搾り取る。不動産会社もセミナー講師もレストランも何もかもグルでサクラの女性を使ってやりたい放題だったのです。

 

ミカド通信、吾妻会長(国広富之、悪の親玉でしょうか?)から依頼を受け、ローズブライダルの弁護を引き受けたのは、またもや因縁のFelix&Temma法律事務所、海崎でした。全く、お金さえ貰えればどんな悪人達でも構わず弁護する事務所って現実にもあるんでしょうね。

 

天馬の事務所に乗り込み、天馬と対決する翔子。日頃から異常な敵対心を露わにしているにも拘らず、底知れぬ冷たさを秘めた笑顔で翔子を迎える天馬。
果たして裁判は海崎の思惑通りの展開となり、苦労して集めた証拠は無効とされ、塩見の全面的敗訴となりました。

 

でも、そのまま引き下がる翔子ではありません。新たな訴訟を起こすため、判決後に裁判官に対して暴言を吐き(実際は尤もな事しか言っていないのですが)、マスコミの前で注目を自分に集めた翔子は、テレビカメラの前で裁判官が詐欺犯の味方をするなんて間違っていると訴えます。翔子の注目度は満点で、世論が動き始めたようです。

 

その動きに危機感を覚える吾妻と天馬は、翔子を排除しなければと顔を見合わせます。

 

次回、翔子たちは逆転勝利を収めることが出来るのでしょうか。

会社ぐるみの卑劣な詐欺犯がしっかり裁かれ、スカッとしたい!のですが。

 

★ ●話の出演キャスト

[ひとこと]
  • 藤谷わかば(土屋太鳳)
  • 桐生汐里(石井杏奈)
  • 桜沢麻子(佐久間由衣)
  • 柴田茉希(山本舞香)

 

★の脚本

[ひとこと]
  • 後藤法子(愛を乞う人、嘘の戦争、家族ノカタチ)
  • 徳尾浩司(おっさんずラブ)

 

★の見逃し配信

★の見逃し配信は、こちらから見れます。

 

-2018秋ドラマ, リーガルV
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© ドラマ・ジャパン【話題のドラマ感想ブログ】 , 2021 All Rights Reserved.