2018秋ドラマ SUITS/スーツ

【スーツ日本版ドラマ】第7話の感想とあらすじ。竹中直人さんが登場!

投稿日:

桜庭リゾートと合併の話に、『セイント』の代表が真琴の父・聖澤敬一郎(竹中直人)が登場します。

ものすごい存在感!!。

 

SUITS/スーツについて

SUITS

公式サイト

フジテレビ系にて月曜日夜21時~

前回までのあらすじ

no image
【スーツ日本版ドラマ】第6話の感想とあらすじ。甲斐と蟹江がタッグ!大輔は素性がバレそうに・・

今回は犬猿の仲である甲斐と蟹江がタッグを組んで、大型案件に取り組みます。そして、大輔は別件を甲斐から頼まれる事に。 そして、大輔は幸村チカから素性を疑われることに・・・。果たしてどうなるんでしょう。 この記事の目次1 SUITS/スーツについて2 前回までのあらすじ3 6話の感想4 スーツ日本版ドラマの出演キャスト5 スーツ日本版の脚本6 日本版スーツの再放送 SUITS/スーツについて 公式サイ ...

続きを見る

 

スーツ7話の感想

甲斐はクライアントから企業合併の相談を受けました。

企業合併は現実でも多く行われていますが、内容によってはどちらかが損を被ってしまう場合があります。

 

実際、私の知人が勤めている企業でも企業合併の話が進んでいます。その為の準備期間として何年かかかっていますが、合併後の自分の身の振りを心配している様子でした。全く違う企業で、しかも今までライバル企業だった所が一つになるということは、様々な問題が生じてきます。しかし、どちらの企業も損のないように、ウィンウィンの関係で行くことが望ましいでしょう。

 

ですが、現実ではやはりどちらかが優位になってしまい、劣になってしまった企業の従業員は何らかの選択を迫られてしまうようです。

企業合併は難しい問題だと思いますが、企業が生き残るための選択肢でもあるので、弁護士の手腕が問われる問題だと改めて思いました。

 

鈴木大輔は聖澤さんから試験を受けるためのコツを聞かれます。司法試験を目指していることがわかります。

タイ語もできるとは、さすが、ずば抜けた暗記力の持ち主だと思いました。

 

まるでコンピューターのような頭脳の持ち主です。
甲斐もおそらく鈴木のその暗記力を買って、鈴木大輔を雇ったのだと思いました。

 

甲斐は毎回のようにキャラメルを食べるシーンがあります。

甘いものの摂り過ぎにはならないのだろうかと思ってしまいます。

実際に効果があるのであれば、今度私も試してみたいと思います。

 

今回はパラリーガルの真琴の父親が登場しました。演じるのは、竹中直人さん

想像以上に凄い人なので驚いてしまいました。

 

確かにあの事務所にはエリートしか居ないので、たとえパラリーガルであっても、かなり優秀な人なのだと思いました。

真琴の友人で、替え玉受験で司法試験に合格した彼女の友人もかなり優秀なのだと思います。

 

それでも替え玉を使ってしまったことで、それがずっと尾を引いていると思いました。

替え玉や裏口入学など、現実にも似たようなことが起こっています。

 

また、公務員のコネ就職なども問題になっています。

過去に私もそのようなことを提示されたことがありました。

 

しかし、自分の良心を優先させ、その時に断わりました。

親は勿体ないと言っていましたが、今になってみれば、あの時の選択が正しかったと思っています。

 

このドラマは現実で実際に起こっていることが多いので、自分や知人で実際に合った出来事とリンクして観ることができます。

仮に経験のない事柄でも、今後の人生の中で何か役に立つことがあるかもしれないと思っています。

 

今後の鈴木大輔の身の振りがますます気になってしまいます。

さらに彼は追い詰められていくような気がしています。

 

スーツ日本版ドラマの出演キャスト

  • 甲斐正午(織田裕二)
  • 鈴木大貴/大輔(中島裕翔)
  • 幸村チカ(鈴木保奈美)
  • 蟹江貢(小手伸也)
  • 玉井加耶子(中村アン)

 

スーツ日本版の脚本

  • 池上純哉(相棒シーズン16、刑事ゆがみ)

 

-2018秋ドラマ, SUITS/スーツ
-, , ,

Copyright© ドラマ・ジャパン【話題のドラマ感想ブログ】 , 2021 All Rights Reserved.