2018秋ドラマ リーガルV

リーガルV5話のネタバレあり感想。今回のテーマはネット上でバッシング

投稿日:

5話のネタバレありの感想書きました。今回のゲストは瀬戸利樹、戸塚純貴、志垣太郎。

今回も半グレ集団、ネットでのバッシングなど、世間の問題を盛り込んでます。

リーガルVについて

リーガルV

公式サイト

テレビ朝日系にて木曜日夜21時~

 

前回までのあらすじ

リーガルV
リーガルV4話のネタバレあり感想&あらすじ。島崎遥香と袴田吉彦がゲスト出演

AKB48のぱるる(島崎遥香)が、龍雷太演じる峰島興業会長峰島恭介の妻役として登場します。 相続でゴタゴタするお話。 この記事の目次1 リーガルVについて2 前回のあらすじ3 リーガルV4話のあらすじ4 リーガルV4話の出演キャスト リーガルVについて 公式サイト テレビ朝日系にて木曜日夜21時~ 前回のあらすじ リーガルV第3のあらすじは以下の記事をご覧ください。   リーガルV4話の ...

続きを見る

 

リーガルV5話の感想

ベンチャー企業トゥモローを起こした帝国大学4年の町村誠(瀬戸利樹)が暴行され、50箇所に及ぶ打撲痕や刺し傷で6ヶ月の重傷を負って海辺で倒れていた事件で、犯人とされた、同級生で幼馴染の武藤正洋(戸塚純貴)の控訴審が迫り、準備を開始する圭太。この事件は京極法律事務所に来る前に圭太が担当していたもので、そもそも第1回で翔子と出会ったのもその事件現場でした。

一審で実刑判決を受けた武藤の判決を覆すのは、現時点で困難と言わざるを得ない状況です。トゥモローがパーティーなどに友達を派遣するシステムを確立した年商10億円の企業とわかり、俄然やる気に火がついた翔子と共に、圭太は現場の銚子海岸に向かいます。

 

判決を苦に武藤の母望が自殺していたことを知り、被害者にも加害者にも家族がいることに思いを馳せた結果、それぞれ自分の過去の犯罪によって家族に迷惑をかけている事務所のメンバー、それを研究テーマとしていた京極元教授、冤罪裁判で娘までバッシングを受けた大鷹…。事務所全員の思いはひとつになったようです。

 

小さい頃から体が弱かった武藤は苛められてばかりで、それを救ったのが町村でした。いじめられっ子だった過去を持つ圭太は(否定はしていますが)、同じようにいじめられっ子だった武藤に対して特別に感じるところがあるようです。感謝し尊敬していた町村に暴力を振るうはずがないと息子の無実を信じる母は毎日目撃者探しを続け、ネットでのバッシングにも根気よく対応し続けたものの、有罪判決が出てからは、住所や顔写真、知られたくない過去まで暴露され、とうとう耐え切れず現場の海で自殺。打ちひしがれた二人はすっかり戦う気力をなくしてしまっていたのです。

 

嘆いてばかりいないでそろそろ戦いましょう。翔子の言葉に、武藤の父紘一(志垣太郎)も覚悟を決めます。

 

調査の結果、ドラゴンユニオンという半グレ集団(暴力団に所属せずに犯罪を繰り返す集団)が正体を隠してトゥモローの業務に関わっていることを突き止め、事件当時現場近くのラブホテルで町村とパーティーをしていた女性達を探し出すことに成功します。

 

明が同じようなパーティーを催し、その女性達から町村を誘惑するよう町村の後輩、中西に頼まれていたとの証言を得ます。中西はトゥモローを解散しようとする町村を引き止めるために良からぬ動きをしていたこと、また町村が退院すると連日監視するように町村に張り付いていることも分かりました。

 

法律さえ知っていれば避けられる悲しみがある。雑誌のインタビューでかつてそう答えていたという翔子。幼い頃投資詐欺で全財産を失い失踪した父親のせいで故郷を追われた過去がある事が分かります。事務所のメンバーひとりひとりに人に言えない過去があり、でもそれが貴重な経験として調査に生かされていく。日常ではありえない展開がドラマの魅力となっているんですね。

 

翔子と圭太は、中西の監視が離れた隙に町村に直接迫りますが、証言を変えさせることは出来ません。一番の証人に根本から否定され、何も出来ない自分が悔しいと嘆く圭太に、まだ他にやることはいくらでもあるとハッパをかける翔子。改めて逆転無罪への意欲を新たにするのでした。

 

控訴審当日、本銚子駅での目撃証人(YOU)を出廷させ、犯行時間の矛盾を指摘したものの、証人へのお礼の品(翔子がこよなく愛する刑事ドラマ『現場百回』のお宝キーホルダー)が問題視され、偽証扱いされてしまいます。真犯人と思われる中西への尋問でも、決定的な証拠は示せず、被害者町村への尋問を残すのみの絶望的な展開となりました。

 

暴行したのは武藤との証言を変えることのない町村に、圭太は一縷の望みを託し、武藤の母が遺した手紙を読み上げます。二人に以前のような関係に戻って欲しいと願う心からの言葉の数々に、ついに恐怖で心の奥底に押し込められていた町村の本心が現れます。

 

涙ながらに真実を語りだす町村。犯人は武藤ではなく中西だと。武藤に勇気を貰っていたのは自分の方だと。母の愛が息子を救ったのです。

 

手紙の真贋については懐疑的な翔子でしたが、終わりよければと納得?

でもこれだけで終わらないのが、翔子のいいところです。

 

ネット上でバッシングをして武藤の母を死に追いやった者にひとり残らず損害賠償請求の文書を送りつけます。

こういう情報開示は大歓迎です。

 

正義の名の下に匿名で人を攻撃する昨今の善意の第三者にこんな形で鉄槌を下すとは!本当にスッキリしました。

 

リーガルV5話の出演キャスト

  • 小鳥遊翔子(米倉涼子)
  • 青島圭太(林遣都)
  • 永島美鈴(斉藤由貴)
  • 京極雅彦(高橋英樹)
  • 大鷹高志(勝村政信)
  • 伊藤理恵(安達祐実)
  • 芳野明(三浦翔平)
  • 馬場雄一(荒川良々)
  • 天馬壮一郎(小日向文世)
  • 海崎勇人(向井理)
  • 町村誠(瀬戸利樹)
  • 武藤正洋(戸塚純貴)
  • 武藤の父紘一(志垣太郎)
  • ホテルの受付(YOU)

-2018秋ドラマ, リーガルV
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© ドラマ・ジャパン【話題のドラマ感想ブログ】 , 2021 All Rights Reserved.