2018秋ドラマ リーガルV

リーガルV4話のネタバレあり感想&あらすじ。島崎遥香と袴田吉彦がゲスト出演

投稿日:

AKB48のぱるる(島崎遥香)が、龍雷太演じる峰島興業会長峰島恭介の妻役として登場します。

相続でゴタゴタするお話。

リーガルVについて

リーガルV

公式サイト

テレビ朝日系にて木曜日夜21時~

前回のあらすじ

リーガルV第3のあらすじは以下の記事をご覧ください。

リーガルV
リーガルVの第3話のあらすじと感想。大鷹高志がついに京極事務所に入る??

今季のドラマの中でも、かなり面白いリーガルV。第三話のゲスト出演は桐山蓮さん、岡本信人さん、原日出子さん。 今回は大鷹高志(勝村政信)が奮闘します。 この記事の目次1 リーガルVについて2 前回のあらすじ3 リーガルV3話の感想4 リーガルV3話の出演キャスト リーガルVについて 公式サイト テレビ朝日系にて木曜日夜21時~ 前回のあらすじ リーガルV第二話のあらすじと感想はこちらの記事にまとめま ...

続きを見る

 

リーガルV4話のあらすじ

峰島興業会長峰島恭介(竜雷太)が入院先の病院で死亡、大掛かりな社葬が行なわれました。その夜、葬儀会場に謎の女性玲奈(島崎遥香)が現れ、恭介の妻だと名乗り相続権を主張します。

 

息子で峰島興業社長でもある正太郎(袴田吉彦)と2年前に離婚した恭介の前妻の貴和子(芦川よしみ)は寝耳に水の話に驚愕し、同席していた顧問弁護士の海崎と白鳥の助言を得て、婚姻無効の訴訟を起こします。

 

看護師の玲奈は、検査入院した恭介と知り合い、その口利きで仕送りのため銀座のクラブでも働くようになりました。息子への不満など聞いているうちに次第に恭介の世話をするようになり、1ヶ月前から自宅に住み込んでいたところ、容態が悪化して入院した恭介に連日付き添い、願いを聞く形で結婚を承諾、婚姻届を提出したというのです。

 

その4時間後に会長が亡くなったことで、総資産二百億の半分という莫大な遺産を相続することになったのです。年齢差が50歳あることもあって、週刊誌などマスコミが一斉に取り上げ、玲奈は一躍時の人になります。

 

京極法律事務所では、週刊誌を見ながら時給25億の花嫁玲奈の話で盛り上がっています。偶然明が友人、それも幾度となく合コンを繰り返した親しい間柄と分かり、玲奈の弁護人となるべく動き出します。

 

玲奈は担当弁護士として京極を指名、初の裁判に大喜びの京極は、依頼人を信頼するのがモットーとデレデレで、玲奈の説明に嘘のにおいを感じ取り鋭く突っ込む翔子の意見に耳を貸そうともしません。若い女性そしてお金持ちとくると無警戒になってしまう男性が何と多いことでしょうね。翔子の指摘に顔をしかめる玲奈は、何か隠している様子なのですが。

 

天馬は裁判から海崎を外し、白鳥に弁護を任せます。口頭弁論初日、白鳥は明を原告側証人として呼び、玲奈が恭介の世話をするようになってからも頻繁に合コンをしていたことを証言させ、家政婦からは指輪も贈らず結婚の意志などなかったことを証言させて、裁判を有利に進めていきます。

 

被告側の証人である入院患者仲間の横山も玲奈が甲斐甲斐しく世話をしており、息子も部下達も全く見舞いに来ない不満を漏らしていたことを証言したものの、夜は遊び歩いていたことや、裁判中に遺言状があると伝言されたことを思い出すなど、結局不利な方向に働いてしまいます。

 

対する京極は反対尋問もせず、婚姻届が有効であるので問題なしの一点張りで傍聴の教え子達の歓声を浴び、満足気です。京極元教授のように研修や実務を経ずして資格を与えられてしまう弁護士って全国にどれくらいいるのでしょうか?気になりますね。

 

遺言状を探しながら、玲奈の過去を探るうち、茨城県の高崎牧場にたどり着いた翔子たちは、10年前に会長の策略で土地を奪われ潰された祖父の牧場への玲奈の思いを知るのでした。

 

そんな時、正太郎へ全額を遺すと書かれた会長の遺言書が見つかります。会長の自筆に間違いないとの鑑定もあり、絶望かと思われた時、京極は、100人の鑑定人の鑑定を提出、遺言書は正太郎が偽造したものと断定します。その結果正太郎は違法行為で相続欠格者となります。

 

玲奈の全面的勝訴が決まりかけたその時、海崎が現れ、被告の当事者尋問を引き継ぎます。

海崎は玲奈が婚姻届を提出したのが恭介の死後である事を突き止め、時刻を遅らせた死亡診断書を書いた医師を証人として伴っていたのです。玲奈の婚姻は無効となってしまいました。

 

失敗を認め、潔く罪を償う決意をした玲奈は翔子に会長のお墓に花を供えて欲しいと言い残し去っていきます。復讐のためと言いながら死を前にした恭介を見捨てることが出来ず寄り添っていたために届けを出し遅れて相続できなかった玲奈は実の息子よりよほど人間的ですね。

 

恭介の墓前で翔子と圭太は休暇で故郷に帰っていた運転手のカルロスと出会います。カルロスの証言で車の中から遺言書と遺言について語った映像を見つけた二人。その中で恭介はかつて高崎牧場を潰してしまったことへの後悔の念から遺産は全て高崎牧場に寄付すると語っていました。玲奈の願いは恭介に届いていたのですね。玲奈に面会し、遺言書について報告する二人も、嬉しそうです。

 

ただ、今回は弁護報酬なし。

京極事務所は当分厳しい運営が続きそうですね。

 

海崎は今後、天馬や事務所に対して何か行動を起こしそう。

翔子との関係もどうなっていくのか、次回へと期待は膨らみます。

 

リーガルV4話の出演キャスト

  • 小鳥遊翔子(米倉涼子)
  • 青島圭太(林遣都)
  • 永島美鈴(斉藤由貴)
  • 京極雅彦(高橋英樹)
  • 大鷹高志(勝村政信)
  • 伊藤理恵(安達祐実)
  • 芳野明(三浦翔平)
  • 馬場雄一(荒川良々)
  • 天馬壮一郎(小日向文世)
  • 海崎勇人(向井理)
  • 峰島恭介(竜雷太)
  • 玲奈(島崎遥香)
  • 峰島正太郎(袴田吉彦)
  • 貴和子(芦川よしみ)

 

-2018秋ドラマ, リーガルV
-, , , , , , , , , ,

Copyright© ドラマ・ジャパン【話題のドラマ感想ブログ】 , 2021 All Rights Reserved.