2018秋ドラマ リーガルV

リーガルVの第3話のあらすじと感想。大鷹高志がついに京極事務所に入る??

投稿日:2018年10月31日 更新日:

今季のドラマの中でも、かなり面白いリーガルV。第三話のゲスト出演は桐山蓮さん、岡本信人さん、原日出子さん。

今回は大鷹高志(勝村政信)が奮闘します。

リーガルVについて

リーガルV

公式サイト

テレビ朝日系にて木曜日夜21時~

前回のあらすじ

リーガルV第二話のあらすじと感想はこちらの記事にまとめました。

リーガルV
リーガルV2話のあらすじ&感想。斉藤由貴が登場!パワハラ問題

リーガルV、第2話は斉藤由貴さん演じる永島美鈴の依頼。勤める会社をパワハラで解任され、慰謝料3億円を勝ち取れるかというお話。感想とあらすじについてまとめてみました。 この記事の目次1 リーガルV元弁護士小鳥遊翔子について2 前回までのあらすじ3 リーガルV2話の感想4 ーガルV1話の出演キャスト5 リーガルVの脚本6 リーガルV第2話の視聴率は18.1% リーガルV元弁護士小鳥遊翔子について 公式 ...

続きを見る

 

リーガルV3話の感想

御岳登山鉄道で雄叫びを上げる翔子。今日は京極法律事務所の親睦旅行です。

毎回、鉄道ネタが冒頭に入るのは嬉しい♪。

 

翔子が立てた計画では電車に果てしなく乗り継ぐ予定と知り、全員のブーイングで急遽コースを変更、御岳山観光の後河原でバーベキューを楽しむことに。

 

そこへ現れたのがスーツ姿のやめ検こと大鷹です。ストーカーかと突っ込まれますが、偶然この河原で起きた殺人事件の調査に訪れていたことが分かります。美味しそうに出来上がった料理をてきぱきと取り分ける大鷹に、呆れ顔の所員たちです。でもダッチオーブンを巧みに使いこなしたこの料理一体誰がいつの間に作ったのでしょうか!?

 

被告は浅野洋平(桐山蓮)。2ヶ月前愛妻を殺人事件で失った悲劇の夫として世の同情を一身に集めた後、多額の保険金や愛人が発覚し一転容疑者となりバッシングにさらされている人物でした。有力な証拠が提出されており、注目は集めているものの敗訴が濃厚と思われる事件です。翔子は条件次第と協力を持ちかけます。

 

被告は弁護士への不信感からかはぐらかすような供述を繰り返し、犯行時刻に新宿にいたことを証明すべく目撃者を探すも、空振りに終わります。ようやく浜松の高校時代の美術教師蟹江光晴(岡本信人)夫妻と犯行時刻に新宿で会ったことを思いだしますが、肝心の蟹江はその時間は新宿には行っていないと証言、浅野のアリバイは証明できません。

 

被告人の嘘に怒り心頭の大鷹ですが、裁判の担当が先の裁判で癒着が甚だしく苦しめられた判事の榎本と検事の片山の二人とわかり顔面蒼白に。よほどこの二人が苦手なんでしょう。誰でも頭が上がらない人というのはいるもんです。でもこんな理不尽な先輩、嫌ですね。

 

検察官の監視強化について検察監視制度審議会で演説する天馬弁護士。知り合いらしい榎本、片山の同郷、同窓コンビと談笑しています。天馬はどうやら元検事だったようで、こんな人に監視が出来るのか、ますます癒着が強まるだけのような気がしますが、そういう人ほどこういう役目についてしまうのが世の中なんでしょうね。

 

検事時代は白も黒に、弁護士になってからは黒も白にと得意げに話しています。勝利者こそが正義だなんて信念、ありえないです。

 

第1回公判で、真っ赤なパーカーと黒いパンツ、白いスニーカーという同じ服装だけで犯人と断定する証人たちのあやふやさを指摘しますが、現場と最寄り駅で撮影された写真が検察側から出され、不利な展開に激昂し大鷹に食ってかかる浅野は、蟹江と若い綺麗な奥さんの2人に会って会釈を交わしたとしきりに訴えます。

 

再度蟹江宅を訪れた翔子と大鷹に蟹江光代(原日出子)は絵を描くくらいしか趣味のない夫の真面目な人柄について語ります。そこへ馬場から電話が。会議で不在だったはずの蟹江は、若い女性教師吉沢恵とホテルに入っていたのです。急遽駆けつけ、問い詰めた翔子に、あくまでも見回りをしていただけとしらを切り去る2人に、大鷹は奥さんのためにもこのことは公表しないと決心するのでした。

 

次の公判を前に、ネットに新たな写真が投稿されます。被告の顔と犯行時刻がバッチリ写ったものですが、不自然な点があり、京極と大鷹は検証すべく即座に現場に向かいます。そんな大鷹に天馬から誘いの電話が。破格の待遇で事務所に迎えるというのです。裁判を妨害しようとしているのは明らかでした。思いがけない成り行きに有頂天の大鷹は乗りかかった裁判をすっぽかしてしまうのでしょうか。

 

第2回公判に時間ギリギリで現れた大鷹は写真の偽造を明らかにし、靴のサイズの違いも検証、証人として現れた撮影者真壁修一こそが犯人であると断定しますが、判事と検事の絶妙な協力体制で却下され、検察側証人となった蟹江と対峙します。浅野が嘘をついていると証言した蟹江を、傍聴席にいた妻の光代と不倫相手の杉田麻美が追及、証拠の新宿のホテルのレシートを出して嘘を認めさせます。

 

不倫ばかりか二股までかけていたなんてあの顔で!?開いた口がふさがりませんね。

蟹江は浅野に謝り、被告のアリバイが確定、その上真犯人まで見つけることが出来たのでした。

 

無事被告人の無罪を勝ち取った大鷹は会見を開き、注目を集めますが、京極事務所の活躍については触れずじまいで、翔子たちはガックリ。

すぐさまFelix & Temma法律事務所へと向かったものの、あっさり追い返され何でもするから入れて欲しいと京極事務所に泣きついてくるのでした。

 

翔子や経理の伊藤に要求や調査費用とを目一杯請求されめでたく入所が決まった大鷹。

えっ、大鷹さんって、まだ入ってなかったの?と誰もが思ったことでしょうw。

 

リーガルV3話の出演キャスト

  • 小鳥遊翔子(米倉涼子)
  • 青島圭太(林遣都)
  • 永島美鈴(斉藤由貴)
  • 京極雅彦(高橋英樹)
  • 大鷹高志(勝村政信)
  • 伊藤理恵(安達祐実)
  • 芳野明(三浦翔平)
  • 馬場雄一(荒川良々)
  • 天馬壮一郎(小日向文世)
  • 海崎勇人(向井理)
  • 浅野洋平(桐山蓮)
  • 蟹江光晴(岡本信人)
  • 蟹江光代(原日出子)

 

-2018秋ドラマ, リーガルV
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© ドラマ・ジャパン【話題のドラマ感想ブログ】 , 2021 All Rights Reserved.