2018秋ドラマ 獣になれない私たち

獣になれない私たち(けもなれ)3話のあらすじと感想。田中圭のバックハグも元カノの存在にがっかり

投稿日:

けもなれの3話の感想とあらすじについてまとめてみました。田中圭くんのサービスショットが毎回入りますが、元カノの存在が毎回心が痛みます。早くなんとかしてほしい。

獣になれない私たちについて

日テレ系にて水曜日夜22時~

前回のあらすじ

けもなれ第一話のあらすじはこちらから。

獣になれない私たち(けもなれ)2話のあらすじとネタバレあり感想。田中圭と新垣結衣のキスシーンが凄い

第一話でのパワハラシーンがあまりにリアルすぎて視聴脱落者が続出している「けもなれ第2話」。 ちゃんと見ると、ものすごく面白いですよ。今回は、新垣結衣ちゃんと田中圭くんのキスシーンが凄い!!。あらすじと感想についてまとめてみました。 この記事の目次1 獣になれない私たちについて2 けもなれ前回のあらすじ3 けもなれ2話のあらすじと感想3.1 花井京谷(田中圭)と新海晶(新垣結衣)のキスシーンに衝撃4 ...

続きを見る

 

けもなれ2話のあらすじと感想

冒頭から、恒星はいい加減で女性にだらしないキャラ全開です…。

流れからすると晶と彼がいずれくっつくのかもしれないと思いますが、なぜこんな男と?と思えてなりません。

 

一方、自宅を出て晶の部屋に転がり込む京谷ですが、なぜもっと早くこうしなかったのか…それよりなぜちゃんと元カノを追い出さなかったのか、その優柔不断さに腹が立ちます。田中圭くんのバックハグシーンも出てうっとりですが、元カノのちらりと出てきてゲンナリです。


元カノとは言え女性と一緒に暮らす、というのはそれだけでもうアウトではないかと思うのですが、この方の感覚はよく分かりません。

 

母の千春にも会社の同僚にも、どんどん嘘が増えて行き、いずれ身動きが取れなくなるのではないでしょうか。

 

また1話めではとんでもないパワハラ上司だと、見るに耐えなかった九十九社長、相変わらず声は大きくてうるさいものの、ちょっと面白い関西のおじさんに見えてきました。

 

でもやはり少々厄介な人。そんな傍若無人な社長と闘えるものを!と言って呉羽の店で服を選ぶシーンには笑いました。女性は結構着るものに気持ちや心構えが左右されるもの。なので洋服を選ぶ晶の気持ちは理解できる気がしました。今回の洋服もなかなか挑戦的でしたね。

 

さて一緒に暮らし始めた京谷と晶ですが、おだやかに暮らしているようでどこか少しずれているように見えます。その上元カノが、妙な具合に絡んで来ます。届いた荷物を勝手に開けたり、それをネットオークションに出品したり。何だかすっきりしない、男ならもっとしっかりしなさいと京谷をしかりつけたくなりました。

 

そしていつものバーで、深刻な雰囲気の2人。やはり京谷が情けない、だらしないです。晶に甘えていますね。呉羽がビシッと意見するところは気持ちよかったですが、京谷をかばい言い返す晶には痛々しささえ感じました。「好きに生きてる人はいいよね。でもそれができない人もいる」、つらい言葉でした。

 

店を飛び出した晶を追いかけて来た恒星に、自分の気持ちをぶつけるように話す晶、そして恒星もまた自分の過去、兄へのねじれた思い、そして昔店で見た晶への印象を話します。その時の晶のことが兄に似ていて「嫌い」だったと言う恒星ですがその言葉は何だか違う意味に聞こえました。

 

本当に嫌いにはなれない、どこかで相手のことが気になっている…きっと兄のこともそう、晶のこともまたそうなのでしょう。

 

そしてラストの恒星の「今はそんなに嫌いじゃない」、ちょっといいセリフで、冒頭のイヤな男、という印象とは違って見え、2人の気持ちが本人たちも気づかないくらい少し、近づいたように見えたシーンでした。

 

獣になれない私たち出演キャスト

  • 深海晶(新垣結衣)
  • 根本恒星(松田龍平)
  • 花井京谷(田中圭)
  • 長門朱里(黒木華)
  • 九十九剣児(山内圭哉)

獣になれない私たちの脚本

やっぱり脚本が良いと面白いですね。

  • 野木亜紀子(逃げるは恥だが役に立つ)

獣になれない私たちの再放送

見逃し配信は、Huluから見る事ができます。

2週間無料なので、あのキスシーン見るだけでも入る価値ありです。

-2018秋ドラマ, 獣になれない私たち
-, , ,

Copyright© ドラマ・ジャパン【話題のドラマ感想ブログ】 , 2021 All Rights Reserved.