2018秋ドラマ ハラスメントゲーム

ハラスメントゲーム2話のあらすじと感想。余貴美子さんが登場!セクハラに世話ハラ問題!

投稿日:

ハラスメントゲーム2話は余貴美子さん演じるパートのおばちゃん大竹さん率いる18名が一斉に辞めるという事から端を発します。今季のドラマは、セクハラ、パワハラといった題材が多いですね。このドラマでは、世話ハラってが出てきます。

ドラマ、ハラスメントゲームの2話の感想とあらすじについてまとめてみました。

ハラスメントゲームについて

ハラスメントゲーム

公式サイト

テレビ東京系にて月曜日夜22時~

 

前回のあらすじ

第一話のあらすじ、感想はこちらの記事をご覧ください。

ハラスメントゲーム
ハラスメントゲーム1話のあらすじと感想(ネタバレあり)唐沢寿明さんの熱演と古川雄輝さんが美しすぎる!

テレビ東京開局55周年特別企画のドラマ、主演は唐沢寿明さん。子のドラマ、面白いなーって思ったら、脚本は白い巨塔書いた井上由美子さんでした。なるほど、それで唐沢寿明さんだったのですね。納得です。ハラスメントゲーム1話の感想とあらすじについてまとめてみました。 この記事の目次1 ハラスメントゲームについて2 ハラスメントゲーム1話の感想2.1 第1話「炎上!1円玉パワハラ」2.2 古川雄輝さんが美しす ...

続きを見る

 

ハラスメントゲーム2話の感想

身近なセクハラ問題を題材にしているドラマですが、第2話「勃発!パート一揆!」が放送されました。

 

さて、早速ですがハラスメントゲーム 第2話「勃発!パート一揆!」のあらすじ・感想(ネタバレあり)をご紹介していきます。

 

「勃発!パート一揆!」のあらすじ

開店を3日後に控えた品川店で騒動が勃発。大竹満寿子(余貴美子)を始めとするパート18人が突然辞めると言い出したのだ。秋津(唐沢寿明)の巧みな話術で社長・丸尾隆文(滝藤賢一)のセクハラが原因だと判明するが、詳細はわからぬまま。

 

しかも丸尾には身に覚えがなかった。さらに店内で女性社員に対する満寿子(余貴美子)らの“世話焼きハラスメント”も明らかに。その話を聞いていた高村真琴(広瀬アリス)は社長のある言葉を思い出す。

 

ハラスメントゲーム第2話「勃発!パート一揆!」の感想(ネタバレあり)

「私たちパート18名はやめさせていただきます!」

 

マルオースーパー品川店のパートのボスである大竹(余貴美子)がそう言い放ち、
店長である松本は困り果ててしまいます。

 

秋津と真琴は品川店に向かい、パートたちに理由を聞きますが、何も教えてはもらえませんでした。

 

秋津は「話すことで解決する方法がある」ということを言い、
それにより、ようやくパートたちから話を聞く事ができました。

 

原因はなんと「丸尾社長のセクハラ」

 

まさかと思いながらも、秋津はどんなセクハラをされたのかを質問するが…

 

「社長は自分の胸に聞いてくれ」

「社長から直接の謝罪を求める」との返事しか返ってきませんでした。

 

秋津が調査を進めていくと、真実はこうでした…

 

オープン2日前の品川店には、若いコンシェルジュたちがおり、まだ若く未熟なコンシェルジュの接客の仕方に、大竹たちが一つ一つ指導をしていたのです。

 

若いコンシェルジュたちはこれを快くは思わず、「世話ハラ」を受けたと言います。

 

さらに社長の丸尾が広報向けに

「スーパーに疲れたオバサンがいると困る。スーパーには夢がないと。」

という発言をしていたのです。さすがにこれはまずい…

 

しかし、社長の失言をどうしてパートたちが知っているのか…

大竹にそれを聞いても何も話そうとしません。

 

そして秋津は、

「口を割らないのであれば自己都合で辞めてもらうしかない。失業手当はなし。」

とパートたちに告げます。

 

その後、2人のパートが秋津のもとにやってきて、

「大竹さんに従わなければいけなかったが、本当はやめたくない。」
と言います。

 

大竹は他のパート社員もパワハラで押さえつけている可能性があると思い、
秋津は役員会議で

「大竹をパワハラでクビにすれば、他のパート17人は戻ってくる」
と報告します。

 

品川店オープンの1日前、大竹以外の17人のパートを集めて

「大竹をクビにして、その他の17人については不問にする」

と顧問弁護士の矢沢が言います。

 

その頃、秋津は社長の失言をバラした犯人を調べるために大竹の家に来ていました。

 

それでも口を割らない大竹に対して過去に池袋店で大竹が考えたおにぎりをお土産に持っていき、

「マルオースーパーで20年働いたあなたが、誤解されたまま辞めるのはもったいない」
と言います。

 

それに感極まった大竹は号泣し、犯人のヒントを口にします。

 

その頃、品川店では意外なことに、

コンシェルジュたちが「大竹さんがクビになるのは困る」と言っていたのです。

 

これを聞いた秋津は丸尾社長を訪れて、大竹のクビを白紙にするように求めます。

これにより品川店オープンの日に、笑顔の大竹が売り場にいたのです。

 

その後、秋津は常務の脇田に

「社長の失言を密告したのは取締役の水谷」
と伝えます。

 

 

脇田派の一員の水谷は、丸尾社長を引きずり落そうと暗躍していたのです。

 

物語の最後には決め台詞

会社を愛するスタッフを利用するとはクズ中のクズ

「しかし、この事は社長には言っていない」という秋津

ここで第2話「勃発!パート一揆!」は終わります。

 

感想(世話ハラって初めて聞いた!)

「世話ハラ」なんて初めて聞きました!

いやぁ…世の中にはいろんなハラスメントがあるんですね…。

 

自分も気を付けなければいつハラスメントで刺されるかガクブルです(笑)

 

さて、来週のゲストには斎藤工さんが!

毎回出演者が豪華ですね!

 

ハラスメントゲーム2話の出演キャスト

  • 秋津渉(唐沢寿明)
  • 高村真琴(広瀬アリス)
  • 矢澤光太郎(古川雄輝)
  • 小松美那子(市川由衣)
  • 丸尾隆文(滝藤賢一)
  • 大竹満寿子(余貴美子)
  • 水谷逸郎(佐野史郎)

 

ハラスメントゲームの脚本

  • 井上由美子(白い巨塔、BG、昼顔など)

 

 

-2018秋ドラマ, ハラスメントゲーム
-, , , , ,

Copyright© ドラマ・ジャパン【話題のドラマ感想ブログ】 , 2021 All Rights Reserved.