2018秋ドラマ リーガルV

リーガルV2話のあらすじ&感想。斉藤由貴が登場!パワハラ問題

投稿日:

リーガルV、第2話は斉藤由貴さん演じる永島美鈴の依頼。勤める会社をパワハラで解任され、慰謝料3億円を勝ち取れるかというお話。感想とあらすじについてまとめてみました。

リーガルV元弁護士小鳥遊翔子について

リーガルV

公式サイト

テレビ朝日系にて木曜日夜21時~

 

前回までのあらすじ

第一話のあらすじと感想はこちらから。

リーガルV
リーガルV1話のあらすじ&感想。痴漢冤罪のネタで批判あるも視聴率は15%!

元弁護士という設定の小鳥遊翔子。キャラ設定は、ドクターXの大門未知子って感じでした。 出来る女性、強い女性で、周りの男性を上手に使う。要するに視聴者が望む、米倉涼子像です。 ドラマ「リーガルVの1話」の感想とあらすじについてまとめてみました。 この記事の目次1 リーガルV元弁護士小鳥遊翔子について2 リーガルV1話の感想3 リーガルV1話の出演キャスト4 リーガルVの脚本5 リーガルV、第一話の視 ...

続きを見る

 

リーガルV2話の感想

真岡鉄道のSLもおか号に乗車し、ご機嫌の翔子はガラガラの社内で駅弁を片手にひとり感激に浸っています。でも、参加するつもりだったイベントは既に終わっており、怒り狂う翔子はサングラス姿の女性に出会います。

 

京極法律事務所では、管理人翔子の無駄遣いのせいで財政が逼迫しており、先の裁判で大勝利を収めたものの入金が半年後とあって、1ヶ月以内に100万円支払わなければ退去という事態に陥っていました。

 

そんな時、前の裁判で成功を収めた圭太を辣腕弁護士と信じた依頼が入り、事務所は沸き立ちます。依頼人は世界的大企業太陽製紙で女性ながら役員を務めていたものの、パワハラで解任された永島美鈴(斉藤由貴)でした。

 

会社側の代理人はまたしてもFelix & Temma法律事務所で、担当弁護士の白鳥美奈子(菜々緒)によると3人の社員からの告発とパワハラの証拠の録音テープもあり、第一回口頭弁論の直前に前任の弁護士が辞任したことでも明らかなように、圧倒的不利な状況でした。最初こそ反対した翔子でしたが、損害賠償請求額が3億円と高額なことを知り俄然やる気を出し始めます。またまた事務所総出での調査が始まりました。

 

証人探しと並行して依頼人をよく知るための食事会を提案した翔子は、そこで料理に虫を入れたり、ワインボトルを倒して服を汚したり、ダブルブッキングで席を変更させたり、店の協力の下次々と仕掛けを繰り出しますが、怒りを見せることもウェイターや店側を責めることもなく、一貫して事を荒立てないようにする態度を見せたことで、美鈴のパワハラが濡れ衣である事を確信するのでした。ただ録音テープの説明的で不自然な言い回しや、まだ何か隠していそうな美鈴の様子に翔子は引っかかりを感じたようです。

 

やがて始まった裁判では、相次ぐ証人の裏切りや京極の大失敗で美鈴を擁護する証言を一つ一つ潰され、追い詰められた結果手の内を全て曝してしまう圭太。

 

そんな中ホストの明が女子社員からの証言引き出しに大活躍。

やはり女性はイケメンに弱いんですね。

 

翔子は証人を引き受けながら出廷しなかった部長の城野優(平山浩行)が会社側に懐柔されたことを知り、彼に迫ります。信頼厚い直属の部下と思われていた城野にも何か秘密があるようです。

 

圭太は皆の協力の下、パワハラの録音を提出した部下の係長松尾潔を女性スキャンダルで追い詰め、次の公判で証人として真実を語らせることに成功します。実は人事担当専務大垣史郎の差し金で松尾が美鈴を誘導し言わせた言葉を都合よく編集したものだったのです。会社での派閥争いで勝つための陰謀で、松尾らは証言後に揃って昇進を果たしていました。

 

城野も一転美鈴の無実を証明する証言をし、美鈴のパワハラ疑惑は晴れました。大垣は陰謀が明るみに出たことで怒りのあまり暴言を吐き、退廷させられます。

 

1億2千万円の和解金を勝ち取り、大垣は左遷され無事解決の後、翔子は美鈴をSLの旅に誘います。翔子が解決したいことははもう一つあったのです。

 

実はパワハラの冤罪の裏で美鈴は城野の婚約者の中山茜(冒頭で翔子がもおか号で出会っていました)をパワハラで精神的に追い詰め、退職させていたのです。

 

城野と共に終着駅で待っていた茜からの、一言謝ってくれたらいいとの言葉に、謝罪の言葉もなく示談を提案する美鈴。謝る気持ちは全くないようです。翔子はちゃっかりその仕事も受けています。

 

でも、直談判したことで茜も過去を乗り越えて城野と共に前向きに人生を歩んでいけることでしょう。
いかにも高額の報酬を勝ち取ることだけが目的の女性のように描かれていますが、実際は、事件の裏に隠されている本当の弱者を救っている翔子。本来は弱者の味方、心の優しい人なのかもしれませんね。もちろん、高額報酬あってのことだとは思いますが…。

 

そうなると悪いのはFelix & Temma法律事務所、そして天馬壮一郎ということになりますが。どうでしょう。今のところ悪い評判ばかりが先に立ち、お金には目がない部分が強調されすぎているような気がする翔子ですが、何故弁護士資格を剥奪されるに至ったのか、そして負け続けている天馬、海崎の今後の出方も気になります。圭太、京極、大鷹の半人前トリオが翔子の手綱さばきでどこまで成長できるかにも注目ですね。

 

最後は、そもそもパワハラって何という問題提起まで。

面白かったです。

 

ーガルV1話の出演キャスト

米倉さんのハマり役!。ドクターXみたいに痛快でテンポもよく面白いです。

  • 小鳥遊翔子(米倉涼子)
  • 青島圭太(林遣都)
  • 永島美鈴(斉藤由貴)
  • 京極雅彦(高橋英樹)
  • 大鷹高志(勝村政信)
  • 伊藤理恵(安達祐実)
  • 芳野明(三浦翔平)
  • 馬場雄一(荒川良々)
  • 天馬壮一郎(小日向文世)
  • 海崎勇人(向井理)

 

リーガルVの脚本

  • 橋本 裕志(ショムニシリーズなど)

リーガルV第2話の視聴率は18.1%

視聴率はなんと18.1%!。わかる気がします。面白かったですもん。

リーガルV

-2018秋ドラマ, リーガルV
-, , , , , , , , ,

Copyright© ドラマ・ジャパン【話題のドラマ感想ブログ】 , 2021 All Rights Reserved.