2018秋ドラマ 天 天和通りの快男児

天 天和通りの快男児2話のあらすじと感想。ひろゆきと天が共闘して室田と戦う

投稿日:

ヤングマガジンで連載中の人気漫画「カイジ」の作者でもある福本伸行が原作。原作は漫画ですが、原作の良い部分を上手くドラマに落とし込めています。第二話は室田との戦い。イイ感じに福本先生の世界観が出てます。面白い。

天 天和通りの快男児について

公式サイト

天和通りの快男児

テレビ東京系にて水曜日深夜1時35分~

前回までのあらすじ

第一話の感想とあらすじは以下よりご覧ください。

天和通りの快男児
天 天和通りの快男児1話を観た感想!天は岸谷五朗、井川ひろゆきは古川雄輝

春ドラマのゼロ一獲千金ゲームに続いて、福本伸行さんの漫画が原作。 これだけガッツリな麻雀漫画(しかもイカサマし放題)、果たしてドラマ化できるのかと思ったんですが、1話目を見て面白かったです。ゼロと違って「ざわっざわ」って福本色も強いし面白かったですよ。感想まとめてみます。 この記事の目次1 天 天和通りの快男児について2 天 天和通りの快男児1話の感想3 天 天和通りの快男児1話の出演キャスト 天 ...

続きを見る

天 天和通りの快男児2話のあらすじと感想

さて、そんな「天 天和通りの快男児」の第2話のあらすじと感想(ネタバレあり)をご紹介していきます。

 第2話のあらすじ

天貴史(岸谷五朗)との勝負に敗れた若き雀士・井川ひろゆき(古川雄輝)は、ヤクザの沢田(山口祥之)にその腕を見込まれ、裏の麻雀界に足を踏み入れていく。

土地の権利書を賭け、地上げ屋の代打ちとして戦うひろゆきだが、対戦相手は因縁の天。先に3勝した方が勝ちの半荘五回戦で、先に二連勝したのは天。

しかし、ひろゆきは天の決死の“ある策略”を見抜き、勝敗を五分に戻していく。そして、全てを賭けたオーラスに挑む…。

 

ひろゆきvs天の結末

ひろゆきvs天の麻雀勝負にもついに決着がつきます。

天に肉薄した好勝負を繰り広げていたひろゆき

 

天は逆転して勝負に勝つには役満クラスで上がるしかないという状況に

当然ながらひろゆきは天のイカサマに警戒しながら勝負を進めていきます。

 

最後の最後、電気が消えている間に天がイカサマをして配をすり替えます。

結果として、天は九蓮宝灯により大逆転勝利を納めます。

 

室田との戦い

その後は天とひろゆきは共闘をしつつ室田という刺客と戦います。

室田に苦戦する天とひろゆきでしたが、プレッシャーを掛け合うという心理戦により見事室田を撃破

ここで第2話は終了します

 

感想

天がイカサマにより勝利を納めるのは予想していましたが、まさかこんな単純な方法で配をすり替えるとは驚きでした(笑)

視聴者もひろゆきも、超高難易度のイカサマを使ってくると思っていたはずなので、単純な方法にひっかかっちゃうんですね。

 

室田戦で見せた心理戦はさすが天という感じでしたが、今後も新しい戦法を見せていってほしいです。

 

主人公のひとり、古川雄輝さんは、他のドラマとは全くちがう「表情」をしています。麻雀好きということでかなり気合が入っているとか。この演技も見ものです。

 

アカギは第3話に登場

そして!来週はついにあの赤木しげるが登場するようです!

予告見るだけで、アカギじゃん!!って分かります。

これまた福本伸行が原作の人気漫画「アカギ」の主人公で、めちゃくちゃかっこいいキャラクターです。福本作品の中でもかなりの人気キャラクターですので、ドラマでその魅力を出すことができるのかかなり楽しみですね。

 

ドラマでもアカギを囲んだあの最終回はやってくれるんですかね?
あのシーンの魅力をドラマで出してくれると、涙腺崩壊間違いなしで神ドラマ認定しちゃいますよ。

 

さてさて、今回はこの辺で。

ドラマ「天 天和通りの快男児」の今後の展開に目が離せません。

 

天 天和通りの快男児1話の出演キャスト

  • 天貴史(岸谷五朗)
  • 井川ひろゆき(古川雄輝)
  • 室田(相島一之)

 

-2018秋ドラマ, 天 天和通りの快男児
-, , ,

Copyright© ドラマ・ジャパン【話題のドラマ感想ブログ】 , 2021 All Rights Reserved.