2018秋ドラマ ハラスメントゲーム

ハラスメントゲーム1話のあらすじと感想(ネタバレあり)唐沢寿明さんの熱演と古川雄輝さんが美しすぎる!

投稿日:2018年10月16日 更新日:

テレビ東京開局55周年特別企画のドラマ、主演は唐沢寿明さん。子のドラマ、面白いなーって思ったら、脚本は白い巨塔書いた井上由美子さんでした。なるほど、それで唐沢寿明さんだったのですね。納得です。ハラスメントゲーム1話の感想とあらすじについてまとめてみました。

ハラスメントゲームについて

ハラスメントゲーム

公式サイト

テレビ東京系にて月曜日夜22時~

 

ハラスメントゲーム1話の感想

テレビ東京のドラマBiz枠で秋ドラマの「ハラスメントゲーム」

唐沢寿明、ヒロインは広瀬アリスとなり、その他豪華キャスト多数登場します。社会問題となっているハラスメントを取り扱うドラマです。

第1話「炎上!1円玉パワハラ」

スーパーで異物混入事件が…その犯人は?

 

本社勤務からスーパー勤務に左遷されて、憮然とした態度でパートから信用をされていなかった佐々部(尾上寛之)は、店長の武藤譲(田中直樹)からその勤務態度に対して何度も注意をされていました。

 

そんな中、スーパーで1円玉混入事件が発生します。

その混入の数秒の間、防犯カメラの映像はなぜか切られていました。

 

コンプライアンス室の室長・秋津渉(唐沢寿明)がその特権でメールのやり取りを確認すると、佐々部が店長の武藤にパワハラをしていたことが発覚します。

 

実は佐々部の父はマルオースーパー社長の丸尾隆文(滝藤賢一)とはゴルフ仲間であり、佐々部はいわゆるコネでマルオースーパーに入社していました。

 

「1円玉を這いつくばって拾わなければならない」

と武藤に説教をされたことを恨んでいた佐々部は、「父に言いつけてお前をクビにする」と武藤にを脅していたのです。

 

ここから異物混入事件の犯人も佐々部であるということがわかります。

1円玉はレントゲンに写らないこともあり、子供が食べたら死亡事故に発展する可能性もある。

 

防犯カメラの映像がないことをいいことにシラを切ろうとする佐々部ですが、「屑中の屑」と言われて改心をしたように見えました。

 

記者発表では社長の丸尾が「異物混入の経路は不明」とその事実を隠蔽します。

それにより、佐々部も武藤もこれまでと変わらずにスーパーで働くことになりました。

 

そんな中…3日後にオープンを控えた品川店のパート社員18人がセクハラ被害により退職をするという連絡がありました。(次回へ続く)

 

もっと勧善懲悪的な展開になると思いましたが、犯人は判明したものの内部でそれを握りつぶすという現実にありそうな結末でした。

 

しかし世の名には色々なハラスメントがあるので、今後も楽しく見れそうな気がします。

 

きれいに事件が解決!とならないことも今回でわかりましたので、次回のセクハラ問題はどう落としどころを付けるのか今からとても気になっています!

 

古川雄輝さんが美しすぎる

本格的な演技の唐沢さんも良いんだけど、古川さんが美しすぎます。

 

 

ハラスメントゲーム1話の出演キャスト

55周年だけあって、テレビ東京さん、かつてないほど豪華なキャストです。

  • 秋津渉(唐沢寿明)
  • 高村真琴(広瀬アリス)
  • 矢澤光太郎(古川雄輝)
  • 小松美那子(市川由衣)
  • 丸尾隆文(滝藤賢一)
  • 武藤譲(田中直樹)
  • 水谷逸郎(佐野史郎)
  • 脇田治夫(高嶋政宏)

 

ハラスメントゲームの脚本

面白いなーって思ったら、白い巨塔書いた方でした。なるほど、それで唐沢寿明さんだったのですね。納得です。

  • 井上由美子(白い巨塔、BG、昼顔など)

 

-2018秋ドラマ, ハラスメントゲーム
-, , , , , , ,

Copyright© ドラマ・ジャパン【話題のドラマ感想ブログ】 , 2021 All Rights Reserved.