2018夏ドラマ サバイバルウェディング

サバイバルウェディング最終回のあらすじと感想。編集長の言葉に号泣!

投稿日:

前回、祐一からプロポーズをされました。しかし、起業しインド行きを決めた祐一に対して、急に不安になるさやか。さやかの本心は、編集法とまだ仕事も続けたいし、お母さんの事も心配。キャリアウーマンならではの揺れる女心を見事に描いた回でした。今回はどうなる??。そのまま結婚できるのか?。サバイバルウェディングの最終回の感想とあらすじについてまとめてみました。

サバイバルウェディングについて

公式サイト

放送終了

Huluで全話配信中

前回までのあらすじ

サバイバルウェディング9話のあらすじ、感想は以下にまとめました。

サバイバルウェディング9話のあらすじ感想ネタバレ。柏木祐一はフラれるの?編集長と急接近

プロポーズされたものの、柏木祐一から出た言葉は会社を辞めてインドで起業し永住するという言葉。激しく動揺するさやか。 サバイバルウェディング9話の感想とあらすじについてまとめてみました。 この記事の目次1 サバイバルウェディングについて2 前回のあらすじ3 サバイバルウェディング9話のあらすじと感想4 サバイバルウェディングの見逃し配信 サバイバルウェディングについて 公式サイト 毎週土曜日夜22時 ...

続きを見る

 

サバイバルウェディング最終回の感想

主人公のさやかは恋人の祐一が、インドで起業をしたいと言ったことで、さやかも結婚してインドに行くかどうか迷っていました。

そして、自分は結婚に憧れていただけで、現実の大変さを乗り越える勇気はないと思いました。

 

祐一の父は息子に会社を継いでほしいと思っていて、起業には大反対をしていました。

自分が経験した苦労を息子にさせたくなかったのです。

 

その為、祐一は結婚も起業もの夢もダメになりそうでした。

しかし、その時に救世主となったのが編集長でした。

 

編集長は毎回、心に残るセリフを残してくれます。

今回はさやかに対してではなく、祐一のお父さんに対して、下手にでていた口調ではなくいつも通りの激しい口調で迫ります。そして、祐一に対しても。

「コムデギャルソンを知っているか?」と。

コムデギャルソンを創業したのは川久保玲。最初はボロ布のようだと批判されたのが、1982年のパリコレで大絶賛されます。

編集長が伝えたかったのは、選択したことを一生懸命にやっていくことの大切さを伝えたかったのだと思いました。

人生には一生のうちに何度かの大きな決断があります。

その時に自分の決断の後押しをしてくれる言葉があると、一歩前に踏み出すことができます。

 

さやかも祐一もどこか相手に頼ろうとしていたことが分かりましたが、結果的にハッピーエンドになって良かったと思いました。

さやかの性格ではもしかしたら結婚を止めるのではないかと思ってしまいました。

 

以前も元婚約者とそのようなことがあっただけに、今回もどうなるのだろうと思っていました。

それにしても、自分の婚活が仕事や勤務している会社の社運に影響してしまうのは、精神的にもかなりハードな選択だと思いました。

 

社会的圧力を越えられないのであれば、そのまま諦めた人生を送ってしまっていたのかもしれません。

しかし、救世主の編集長がパーティー会場である意味暴れたことで、事は違う方向へ展開していきました。

 

さやかはインドへ行っても、編集者としての経験を活かして、フリーとしてでも仕事をしていくことができると思います。

私はフリーランスですが、やはり、長年の会社勤めの経験があったからこそ、今の仕事ができていると思っています。

 

さやかの決断は、祐一と結婚して支える事。そして、編集の仕事も海外で継続する事でした。

現在はインターネットがあるので、世界中どこでも仕事をしていくことができます。

 

このドラマは最終的には、さやかと祐一の結婚式で幕を閉じます。

なぜか最終回の結婚式に、急に現れた板尾創路さんに驚きましたが、ハッピーエンドで幕を閉じました。

 

ドラマは最初から最後まで見ましたが、同世代の女性の琴線に刺さる、とても面白いドラマでした。

ふだん恋愛ドラマを見ない旦那も、宇佐美編集長が毎回話すブランドの起業時のウンチク話が好きで、見てくれました。

夫婦の会話も弾んだし、色々な要素が詰まった素晴らしいドラマに感謝です。

 

サバイバルウェディングの再放送

サバイバルウェディングの見逃した方は、Huluから全話、見る事ができます。今なら、期間限定で無料視聴できます。この間に全話無料で見れます。

-2018夏ドラマ, サバイバルウェディング
-, ,

Copyright© ドラマ・ジャパン【話題のドラマ感想ブログ】 , 2021 All Rights Reserved.