2018夏ドラマ チアダン

チアダン9話の感想ネタバレあり!若葉が大会前に大怪我をする

投稿日:

チアダンも9話。いよいよ全国大会という矢先に、若葉が何と怪我をします。全治一か月、大会まで間に合うか微妙の瀬戸際・・。

チアダン9話の感想とあらすじについてまとめてみました。

チアダンについて

公式サイト

TBS系にて金曜日夜22時~

前回までのあらすじ

no image
チアダン8話の感想ネタバレ含む。汐里が東京で暴行?無実を信じて待つわかば達ROKETS

全国大会の予選が近くなり、そんな折、汐里は父と会うため東京へ行く。 なんとそこで、東京時代の後輩が男に絡まれている。その子を助ける汐里だけど、、暴行を受けたと警察沙汰に!!。どうなる??。 チアダン8話の感想とあらすじについてまとめてみました。 この記事の目次1 チアダンについて2 前回のあらすじ3 チアダン8話の感想4 チアダンの見逃し配信 チアダンについて 公式サイト TBS系にて金曜日夜22 ...

続きを見る

 

チアダン9話の感想

今までみんなのいろんな問題を解決してみんなをまとめて引っ張ってきた若葉がけがをしてしまったのでした。完治するには1か月かかり全国大会間に合うかギリギリのところで、若葉は自分の気持ちを押し殺しみんなに遠慮して大会には出ずサポートに回ると言い始めます。

 

本当は人一倍大会に出たいはずなのに、打倒ジェッツには大会ぎりぎり練習参加できる自分がみんなの足を引っ張ってしまうのではないかと思っているのです。

 

優勝を狙うには自分は引いた方がよいのではと。若葉の気持ち、すごく分かります。本当の気持ちはなんで私ばっかりこんな時にって自暴自棄になってしまいそうです。しかしそれがロケッツのみんなは若葉が無理して我慢していると気づいてくれて、若葉に練習に来るなとわざと冷たい言葉を言います。その時の若葉の気持ちは本当につらかったと思います。

 

踊れないのにさらに来るなと言われるなんて。でもみんなだって、若葉のチアに対する気持ちが分かる分冷たい言葉をかけるのはつらかったと思います。

 

若葉は悩みながら顧問、はる、友達と共に時間を共にし、自分の本当に楽しいいことは何だったのかと考えさせてくれます。またお母さんもぽろっと心の支えになるような事を言ってくれました。そして改めて、自分にはチアしかないこと、ロケッツのみんなとチアをすることが一番楽しかったと気づき正直にみんなに自分も大会に出たいというのでした。

 

みんなは待っていましたと、ドアを開けて若葉が戻ってくることを待っていた、今まで若葉に助けられてきた分今度はみんなで若葉を助けると言ってくれます。やはり、正直に思いを伝えることって大切なんだなって思いました。

 

逆にみんなに迷惑かけるから遠慮する。でもそれが逆にみんなの迷惑になることになるなんて思いもよりませんでした。高校野球でもそうだと思いますが、ひたすらに真剣に立ち向かう姿、挑戦していく姿には誰でも応援したくなるものです。そして同じ気持ちの仲間が居ること。何よりも励みになることだと思います。こういう青春が人生において宝物になると思います。

 

顧問の太郎先生も無事退院することが出来るようになりました。

 

教頭先生も一時も顧問でしたが、生徒たちのひたむきな姿、わが娘の姿に心を開きかけ最後はとても良い先生になるのではないかと思います。そして最後は若葉が練習に間に合い、全国大会会場前にたたずむところで終わりました。

 

いよいよ打倒ジェッツに大会立ち向かうときが来ました。

全米制覇したチームと対等に戦えるのか、とても楽しみです。

 

チアダンの見逃し配信

チアダンの見逃し配信は、U-NEXTから見る事ができます。

-2018夏ドラマ, チアダン
-

Copyright© ドラマ・ジャパン【話題のドラマ感想ブログ】 , 2021 All Rights Reserved.