映画

映画・銀魂2のレビュー(ネタバレあり)吉沢亮の沖田がカッコイイ!&柳楽優弥の土方の演技に脱帽

投稿日:

映画、銀魂2観てきました。普通アニメや漫画の実写化って失敗するケースが多いんですが、銀魂は大成功してますね。

アニメや漫画とは、また違った面白さになってます。かなり再現性高いんだけど、こっちは、こっちで出来上がったという感じ。

 

前回以上に、吉沢亮の沖田総悟のカッコ良さが際立ってたし、柳楽優弥の土方十四郎の演技力が今回は際立ってた。柳楽くんの演技力ないと出来ないストーリーで、それを見事に演じてました。別人になれるのは凄いです。

 

もろもろ、感想書きました。これから行く方にも注意して、笑いのツボのネタは除きました。

ストーリーの流れは分かるように書いたので、見る方はご注意ください。

「銀魂2 掟は破るためにこそある」について

銀魂2

公式サイト

公式サイトが糞すぎる。重いし、見づらい。客はそこを求めてないというとこに労力かけてる。

 

銀魂2のあらすじと感想

今回は僕が書きます

銀魂2、冒頭から大爆笑。まずね、タイトルコールまでに3回くらい大爆笑です。

クスクスってレベルじゃないです。めっちゃ笑えました。

ここは知ってしまうと、しらけてしまうので、詳細はぜひ劇場で見てほしい。

 

注意点としては、遅刻して映画館に入らない事です。

冒頭がめっちゃ面白いので、もったいないです。

 

さて、それではあらすじをまとめてみます。

家賃払えないのでキャバクラでバイト

最初から、家賃が払えないので、家主のお登勢さん(キムラ緑子)にボコボコにされます。

で、仕方なくバイトをすることになったのですが、笑わせてもらえましたね。

新八のお姉さんのお妙さんが働いているキャバクラで、キャバクラの店長から、人手不足なので働く人(キャバ嬢)を見つけてほしいと頼まれます。店長役は佐藤二朗。

 

キャバクラ店長佐藤二朗が面白すぎる!一人芝居でガチでみんな笑う

要約すると、キャバクラ店長の依頼は、今夜要人が来るので人手が足りない。

あと、4人必要という事なんだけど、それまでの話をするのに、キャバクラ店長役の佐藤二朗さんが大暴走。

勇者ヨシヒコの時のノリで、ほとんどアドリブだよねきっとっていう感じで、腹を抱えて笑わせてもらいました。

芝居やってる菅田君や橋本環奈ちゃんも、完全に素に戻って笑ってたしw。

 

徳川茂茂と松平片栗虎が来店

要人とは何と、警察庁長官の松平片栗虎(堤真一)と、征夷大将軍の徳川茂茂(勝地涼)。

キャバクラで大暴走する、銀時と新八、神楽たちと、将軍とのやりとりが大爆笑するんだけど。 ここはぜひ劇場で見てください。

 

土方十四郎が何者かに狙われる

キャバクラで征夷大将軍の徳川茂茂(勝地涼)と、警察庁長官の松平片栗虎(堤真一)が飲んでる間、真選組が警護することに。

 

周囲を土方十四郎(柳楽優弥)が警備したんだけど、首の後ろを何者かから狙撃されます。

 

その後、攘夷の輩たちに取り囲まれます。

鬼の副長、土方と言われているほどの剣術の腕。この程度のやつらは一瞬で叩きのめせるのに

 

「すみません」と土下座します。

なぜだ??と自分自身で思っています。気持ちとは裏腹に、すべてヘタレな態度に出てしまいます。

 

攘夷の輩からボコボコにされて、殺されそうになった瞬間

攘夷の輩を瞬殺!。真選組の局員、太刀筋にも見覚えがある。

伊藤鴨太郎(三浦春馬)でした。

 

真選組に伊藤鴨太郎が参謀に

真選組の評定のシーン。

局長の近藤勲(6代目中村勘九郎)は、伊藤鴨太郎を「先生」と呼び、参謀に据えてご満悦です。

 

面白くないのは副長の土方です。

近藤さんに、隊士の前で「先生」と呼ぶのは止めてと頼むものの、近藤に何が悪いと断られます。

 

伊藤鴨太郎と土方、お互いの事を嫌いとはっきりと言い

各々が、いつか殺すと伝えます。

 

床屋でバイト

よろず屋メンバーは、今度のバイトは床屋です。

目の前に、美容院が出来て、ものすごくそっちが繁盛しているので、暇なはずです。

 

床屋の店主が留守にしているときに、何と客が現れます。

また、松平片栗虎と、徳川茂茂じゃないですか!!。

 

徳川茂茂は、さかやきを剃り髷を結いなおして欲しいと頼みます。

 

困ったのは銀時、新八、神楽です。

3人はバイトしているものの美容師の資格はありません。やったことがないので、わからない。

ここで腹を抱えるほど笑う大爆笑の事態になるんだけど、これもぜひ劇場で見て! このシーンをみるために、もう1回劇場に行きたいと思ったほどです。

 

オタク討論会に新八出演

よろず屋に戻った、銀時たち。

テレビで、「朝まで生テレビ」で、アイドルオタクとアニメオタクの論争。

そこに、志村新八(菅田将暉)が出演していました。

いつもとは違う感じで、力強くアニメオタクをディスってたところ、見覚えのあるサングラスかけた侍風の男に、ディベートで負けます。

 

土方十四郎がよろず屋に来て暴走

そのまま、土方をよろず屋に連れてきたのですが、様子が変です。

なんと、除隊させられたことが判明。

 

いつもの鬼の副長の様子はなく、完全に挙動がオタクです。

「坂田氏」「神楽氏」と氏付けで相手を呼び、神楽ちゃんに対しては、アニメキャラに似てるから写真を撮らせてと、完全におかしくなってます。

土方十四郎にチップが埋め込まれて操られていることが判明

平賀源外(ムロツヨシ)の元に連れて行ったところ、原因が明らかに。

撃たれた際、自分の性格が変わるチップを埋め込まれたのです。それは、ヘタレになるチップ。

VRのシステムで矯正しようとしたのですが、このシーンが最高!。

めっちゃ爆笑できるので、ぜひ劇場で見てね。

 

伊藤鴨太郎の陰謀

伊藤鴨太郎が近藤の元に来た理由が分かります。

近藤を暗殺し、隊を乗っ取ろうとしたのです。土方にチップを埋め込んだのも伊藤の仕業です。

 

箱根に行く徳川茂茂護衛のために、チャーターした列車で行くのですが、実は徳川茂茂はいません。

最初から近藤の暗殺が目的です。

 

伊藤鴨太郎が、近藤に目的を伝えると、近藤は一斉に取り押さえられます。

近藤は、あいつら(土方、沖田)は思う通りにいかないと伝えます。

 

陰謀を知った沖田総悟が一人戦う

取り押さえられた近藤を見て、沖田は激怒します。

沖田は、副長になりたいけど、大将は近藤しかいないと伝えます。

 

ここから、沖田総悟の近藤を救うための戦いが見れるんですが、すごい殺陣です。

ばっさばっさと切り倒します。

 

銀時たちが駆けつける

多勢に無勢。沖田一人で奮闘していたところ、銀時たちが駆けつけます。

土方もいます。その姿に驚く伊藤鴨太郎。

 

鬼兵隊の陰謀

銀時たちが箱根方面の列車付近で伊藤鴨太郎一派と戦っていた頃

実は、協力者の高杉晋助は、伊藤鴨太郎をうまく使って、狙いは他にありました。

高杉晋助に雇われた河上万斉は、キャバクラに訪れようとした徳川茂茂を狙って待ち伏せしました。

そう、「将軍の暗殺」が本当の狙いだったのです。

 

銀時が本当の目的に気づく

銀時は途中で気付き、みんなに任せて江戸に戻ります。

どうやって戻るのか、今からではどうやっても間に合いません。

この時、助けがくるのですが、このシーンも大爆笑です。 映画館で、これだけ何度も爆笑の声が聞こえるのも珍しいです。ここは劇場で見てね。

 

銀時と河上万斉の決闘

場面が変わって江戸。

 

逃げる将軍&松平片栗虎。

たくさん護衛が出てくるのですが、ばっさばっさと河上万斉は切り倒します。

この殺陣のシーンが凄いの一言。どうやって撮影したんだろって思いました。

 

追いつかれたところに、銀時が助けに入ります。

ここからが、銀時との戦いですが、熾烈を極めます。

 

伊藤鴨太郎と真選組の戦い

沖田総悟と隊士たちの戦いに、神楽が手助けします。

伊藤鴨太郎と正気にもどった土方との戦いも熾烈を極めます。

 

そこで鬼兵隊に仕掛けられた爆弾によって列車が爆発!。

みんな、一命をとりとめましたが、伊藤鴨太郎は左腕を失っていました。

 

伊藤鴨太郎の過去と手に入れたかったもの

勧善懲悪でないのが銀魂の良いところ。

悪役にも、悪に染まった理由があります。

 

ここで、伊藤の過去と何を求めていたのかが、分かるのですが

いやー、すごく良かったです。

 

武士というか真選組の隊士の生き様とはどういうものなのか?。

ここで見せられました。泣けましたね。

 

おわり

エンディングも笑わせてくれます。

どれだけパクればいいのって感じですが、10代の若い子たちは分からないかもです。

40代のおっさんはど真ん中だったので笑わせてもらいましたよ

 

銀魂2のキャスト

無駄にイケメンが多すぎると、女子の間では話題です。

  • 坂田銀時(小栗旬)
  • 志村新八(菅田将暉)
  • 神楽(橋本環奈)
  • 近藤勲(6代目中村勘九郎)
  • 土方十四郎(柳楽優弥)
  • 沖田総悟(吉沢亮)
  • 伊東鴨太郎(三浦春馬)
  • 猿飛あやめ(夏菜)
  • 志村妙(長澤まさみ)
  • お登勢(キムラ緑子)
  • 松平片栗虎(堤真一)
  • 徳川茂茂(勝地涼)
  • 高杉晋助(堂本剛)
  • 河上万斉(窪田正孝)
  • キャバクラ店長(佐藤二朗)
  • 平賀源外(ムロツヨシ)

 

-映画
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ドラマ・ジャパン【話題のドラマ感想ブログ】 , 2021 All Rights Reserved.