2018夏ドラマ グッドドクター

グッドドクター7話のネタバレありレビュー!卵巣に腫瘍ができた女性のお話

投稿日:

グッドドクター7話の感想を書きます。

毎回、鋭いテーマに切り込んだ内容ですが、今回は婚約が近い女性が卵巣に腫瘍ができて、手術で卵巣を全摘出するか否かの難しい内容です。

 

グッドドクターについて

グッドドクター

公式サイト

木曜日22時~フジテレビ系にて放送

 

前回のあらすじ

グッドドクター6話の感想は以下のとおり。

no image
グッドドクター6話のネタバレ感想!湊と父親が対面

遂に湊と父親が再会。父親の目的とは?。かなりひどい父親で、ものすごく怒りに震えました。 グッドドクター6話の感想とあらすじについてまとめてみました。 この記事の目次1 グッドドクターについて2 前回のあらすじ3 グッドドクター6話の感想3.1 妊婦と胎児の手術3.2 湊の前に父親が現れる目的は??3.3 お金目的で父親は湊に近づいた3.4 父親の湊に対する気持ちが伝えられる3.5 妊婦の容態が悪化 ...

続きを見る

 

グッドドクター7話の感想

第7話は、以前小児外科で片方の卵巣を切除した少女が、大人になってから、もう片方の卵巣にも異常が見られる、というストーリーでした。

 

瀬戸(上野樹里さん)が初めて担当したその女性は、保育士となり同じ職場の男性と結婚を控えていました。私も独身時代は保育士をしており、子どもが大好きなのですがこの女性と同じように、卵巣の機能が悪く子どもが出来にくいと言われていました。その為より一層、感情移入して見入ってしまいました。

 

保育士になるほどですから、男性も女性も子どもが大好きなため、子どもが出来にくいということで、結婚への葛藤が出てきます。
しかし女性の病状は、一刻を争うほど深刻で、もうひとつの卵巣に出来た腫瘍が良性か悪性かは手術をしないと分からないという、最悪の状況です。

 

大好きな彼を想う女性は、結婚の申し込みを断り、手術を受けることになりましたが...これには、瀬戸も婚約者も参りました。葛藤と現状が彼らの心を痛めます。この時の女性の気持ちを思うと、思わず涙が溢れました。手術の結果、腫瘍は悪性でした。卵巣を全て摘出するため、彼女は子どもを産めなくなってしまったのです。

 

目を覚ました彼女に、瀬戸は厳しい現実を伝えました。しかし、悲しげに頷く彼女の指には、返したはずの婚約指輪がついていました。
そこに婚約者が現れます。この時、男性が女性と別れられない愛を目の当たりにし、嬉しい反面、子どもを持てない現実に胸が痛くなりました。
この男性が悩んでいる時、湊が説得に来てくれたと、男性は打ち明けます。

 

子どもが居なくても、ふたりなら幸せだと涙ながらにもう一度プロポーズをして、抱き合うふたりを見たときには、心が温かくなるほど嬉しかったです。

 

彼女たちの関係は、小児外科に入院している、ひとりの少女にも希望を与えました。この少女も、素敵な恋が出来ますように。

そしてもう1つ、嬉しい事実が判明します。女性のために、卵巣の腫瘍について詳しく調べていた中島仁(浅香航大さん)。それを見た湊も同じ文献を使って、調べます。そこでヒントを得て、女性の卵子を凍結することが出来たのです。

 

ドラマと分かっていてもこれには、手を叩いて喜んでしまいました。湊のことを認められずにいた中島も、みんなの前で、中島のおかげだと話す湊の姿に、思わずグータッチをしました。これで、湊は小児外科の全員に認められたのかなと一安心です。

 

小児外科が無くなるかもしれないと、副院長にひとりで立ち向かう高山(藤木直人さん)、自分が居なくなったあとは、湊の事を頼むと頭を下げた院長(榎本明さん)。

 

これから、どのように話が進んでゆくのか不安ですが、どうかこのまま湊が夢を叶えられますように。
第8話も楽しみにしています。

 

グッドドクターの見逃し配信

見逃した方は、FOD(フジテレビオンデマンド)から見る事ができます。

-2018夏ドラマ, グッドドクター

Copyright© ドラマ・ジャパン【話題のドラマ感想ブログ】 , 2021 All Rights Reserved.