2018夏ドラマ グッドドクター

グッドドクター4話のレビュー(ネタバレあり)話せない少女あかりちゃん手術はどうなる?

投稿日:

未だに手術室への入室を禁止されている湊。心を閉ざし話せなくなった少女が緊急搬送されます。

グッドドクター4話のレビューです。あらすじについてまとめてみました。

グッドドクターについて

グッドドクター

公式サイト

木曜日22時~フジテレビ系にて放送

 

前回(第3話)のあらすじ

以下からグッドドクター第3話のレビューは読めます。こちらもネタバレ含みます。

グッドドクター3話の感想(ネタバレあり)

山崎賢人主演のドラマ、グッドドクターの3話の感想とあらすじについてまとめてみました。 今回は前回以上に嘘でしょって思う衝撃的な内容でした。。感想書きますね。 ネタバレ含むので、まだご覧になっていない方はご注意ください。 この記事の目次1 グッドドクター2 前回のあらすじ3 グッドドクター3話の感想4 グッドドクター 3話の出演キャスト5 グッドドクターの脚本6 グッドドクター3話の見逃し配信 グッ ...

続きを見る

 

グッドドクター4話の感想

湊(山崎賢人さん)が、手術室へ入る事を禁止されたままではありますが、比較的穏やかな雰囲気で第4話が始まりました。

 

ところが、静かだった小児外科病棟に物凄い音が響き渡ります。慌てて駆けつけた瀬戸(上野樹里さん)と湊が目にしたのは、暴れる少女と宥める同僚達でした。

その少女は、全てを否定するかのように大人を拒否し、頑なに話しません。そんな少女にそっと手を差し伸べる湊の包み込むような温かい目を見て、少女は落ち着いたのですが...

 

名前も年齢も分からないので、手術を行う事が出来ません。

 

そんな少女の担当医を湊にすれば、問題が起こり解雇できると目論む、板尾創路さん演じる副院長と間宮(戸次重幸さん)。高宮(藤木直人さん)を始め、全員が反対しますが、湊自らも申し出ていたため、張り切って少女の担当医となります。不安と応援の気持ちが入り混じった気持ちで見ることとなりました。

 

そんな時に、少女の母親が現れます。優しそうで綺麗な印象を受けたその母親は、少女の名前があかりである事と、自分が継母である事、そして上手く関係が築けないためにあかりが話さなくなったことを湊と瀬戸に伝えました。ところが、あかりのお絵かきノートを見たことで、湊だけはあかりが抱える問題を全て知ることとなりました。

 

少女の、「誰にも言わないで。」と言う悲痛な願いを、戸惑いながら受け入れる湊。あのノートには何が書かれていたのか、終盤まで明かされなかった点が、第4話を観る視聴者の心をかき乱したのでは無いでしょうか。

 

あかりの転院を申し出た継母に、あかりは渡しませんとハッキリ言い放ち、抱き抱える湊は、怯えながらもあかりを守ろうと一生懸命で、その姿に胸を打たれました。ところが、継母が湊に暴力を振るわれたと騒いだために、あかりの父親を含めすべての人に誤解されたまま湊は自宅謹慎となります。

 

湊への心配と、副院長と間宮がほくそ笑む様子に、落ち着く事が出来ませんでした。

 

その間にあかりが、病院を抜け出します。必死に捜索が続けられる中、高宮があかりの抱える問題と、湊が冤罪であった事を知り、あかりの父親にも伝えられます。

 

なんと継母は、あかりにひどい言葉をかけ虐待していたのです。この様子を見たときは、子を持つ親として怒りに震えました。当然、父親は継母に絶縁を伝えました。

 

その間に、無事あかりは見つかりましたが病状が悪化し、緊急手術となります。高宮の計らいで、湊も手術室への入室が許可された時は思わずガッツポーズをしてしまいました。

 

今回も湊の洞察力の甲斐あり、あかりを救う事が出来たのです。術後、湊の励ましもあり、あかりが思いの丈を涙ながらに父親に話すシーンは、思わず涙が溢れました。

 

全てが、上手くいったように見えた第4話でしたが、高宮は湊の才能が活かせる、画像診断科に移動させると発言します。副院長の最後の笑みもひっかかり、第5話への不安が募りますが、来週も楽しみにしています。

グッドドクターの脚本

  • 徳永友一(代表作:海月姫、刑事ゆがみ)
  • 大北はるか(代表作:刑事ゆがみ)

グッドドクター4話の見逃し配信

4話の見逃し配信は、FOD(フジテレビオンデマンド)から見る事ができます。

-2018夏ドラマ, グッドドクター
-, ,

Copyright© ドラマ・ジャパン【話題のドラマ感想ブログ】 , 2021 All Rights Reserved.