2018秋ドラマ ドラマ情報 下町ロケット

下町ロケット2が10月から放送(原作:下町ロケット ゴースト)

投稿日:

なんとも嬉しいニュースです。

TBS系で人気ドラマだった下町ロケットの続編が10月からスタートするということです。

下町ロケット2公式ページ

すでに公式ページは準備されています。

  • 放送開始日:10月
  • 日時:日曜日夜9:00〜

下町ロケット2の概要

下町ロケットの続編です。「2」とは書いていませんが、事実上2ですね。

原作は、下町ロケットゴースト。

 

前作に続いて、阿部寛が演じる佃航平が主人公。

町工場「佃製作所」でのモノづくりの奮闘が描かれた作品です。

 

キャストは、おなじみの立川談春、安田顕、和田聰宏、今野浩喜、中本賢、谷田歩の佃製作所のメンバー。

 

下町ロケット2では宇宙から陸へ

今回は、宇宙ではなく、大地とのこと。

 

公式よりストーリー概要

ある日、帝国重工の社長交代により、スターダスト計画は次回で終わるかもしれないと帝国重工から告げられ、佃はショックを受ける。ロケット製造に関わることは佃の夢であるとともに、今や「ロケット品質」を掲げる佃製作所社員たちの精神的支柱にもなっていたのだ。 そこへ追いうちをかけるように、大口取引先の農機具メーカーから小型エンジンの取引削減を告げられる。性能よりもコスト重視という考えに、技術力が売りの佃製作所は存在意義が揺らぎ始め、佃は強い危機感を抱く。 そんな中、佃製作所の経理部長・殿村(立川談春)の父親が倒れる。殿村の実家は三百年続く農家。父親の看病と畑仕事の手伝いに、週末ごとに帰省する殿村を見舞う佃と山崎(安田顕)。トラクターを運転する殿村をじっと見て、佃はあることに気づく。それは、佃の中に新たな夢が生まれた、瞬間だった。

池井戸潤さんの原作「下町ロケット ゴースト」は、本当にリアリティがあります。

企業ではよくある取引先の予算縮小。これをリアリティに描き、ドラマチックに人間関係を描いています。楽しみですね。

 

下町ロケット2ゴーストの見どころ

毎回、絶体絶命に陥りますが、モノづくりの難題に対して佃航平が決断するところがみどころですね。

 

公式ページの阿部寛さんのコメントに全てが集約されています。

今作も難題に直面し、それを乗り越えようともがき苦しむ中から新たな理想と追い求めるべき夢を見つけ出します。会社の経営者として、社員達の生活を守るのも当然ですが、自らの夢を社員だけでは無く、全ての仲間達と共に全力で挑戦する等身大の佃航平を演じさせていただこうと思います。是非、楽しみにしていただければと思います。

 

新しい分野での佃製作所の奮闘が楽しみですね。

-2018秋ドラマ, ドラマ情報, 下町ロケット
-,

Copyright© ドラマ・ジャパン【話題のドラマ感想ブログ】 , 2021 All Rights Reserved.