2019冬ドラマ 刑事ゼロ

刑事ゼロ7話のネタバレあり!あらすじ&感想。冒頭から集団自殺!セブンの2人を逮捕

投稿日:

オープニングからウィリアム ブレイクの詩集、「無垢の予兆 無心の歌」の言葉を呟きながら、次々と女性達が飛び降ります。首切ったり、服毒と自殺。いわゆる集団自殺です。

冒頭からインパクトがありすぎて、何が起きたのかと続きが気になり見入ってしまいました。

ドラマ刑事ゼロの7話の感想とあらすじについてまとめてみました。

刑事ゼロについて

刑事ゼロ

公式サイト

テレビ朝日系にて木曜日夜20時~

登場人物の相関図

テレビ朝日公式ページより

 

前回までのあらすじ

刑事ゼロ
刑事ゼロ6話のネタバレあり感想。最後まで犯人が誰だか分からない

須藤公彦という男が直後にビルから飛び降りた謎の女性に刺殺されて物語は始まりました。 今回は、最後の方まで犯人が誰かがわからない展開で、とても斬新でした。 ドラマ刑事ゼロの6話の感想とあらすじについてまとめてみました。 この記事の目次1 刑事ゼロについて1.1 公式サイト1.2 登場人物の相関図2 前回までのあらすじ3 刑事ゼロ6話の感想 刑事ゼロについて 公式サイト テレビ朝日系にて木曜日夜20時 ...

続きを見る

 

7話のあらすじ

時矢と智佳がいきなり口喧嘩を始めてしまい、おっさん子供!と他愛ない喧嘩に笑ってしまいました。

記憶喪失になる前の時矢に憧れている智佳の気持ちを考えると、憧れの存在のだらしがない姿は見たくないと幻滅してしまうのも凄く分かります。

なかなか記憶の戻らない時矢に苛立っているのかなとも感じられました。

 

喧嘩した智佳は内海と月影カレンことVチューバーの田所健三の失踪事件を担当する事になります。

 

時矢と別行動となる中で捜査一課の山之辺が現れ、今回起きた事件が3年前の7人同時自殺事件と似ていると時矢に捜査協力を求めて来ました。

 

ウィリアム ブレイクの無垢の予兆という詩集が残されていた事、1人だけ助かったが6人は亡くなった事、PCやスマホのデータが消去されていた事、失恋相談サイトにアクセスしていた等の共通点を聞き、「セブン」という名前を名乗るサイトの管理人、川上昇が特定されます。

 

服毒自殺で被疑者死亡のまま書類送検となった経緯を聞いた時矢が、直感的に「模倣犯の可能性は?」と山之辺に訪ねます。

 

この言葉が、結果的に見れば、見終わった後に思えば鋭い指摘だったなと感じました。

記憶を無くしていても時矢の優秀な刑事の勘みたいなモノが時折顔を出すのは見ていて面白い演出だと感じてもいます。

 

その後、今回の被害者のPCから自殺サイトの事が分かり、セブンとのやり取りしていた事も分かります。

生き残った橘水樹が、事件直前に話していた内容から犯人は、女性と考え始めます。

 

田所の失踪事件を追っていた智佳達の事件で、月影カレンの話すウィリアム ブレイクの詩集無垢の予兆をネットで喋っているのを聞いたとき

時矢は田所がセブンと見抜きます。

ここで喧嘩した時矢と智佳の事件が繋がるのかと、その演出と伏線の張り方が個人的に面白いなと感じて興味深く見られました。

 

そんな中で田所が生配信中に殺害され、正体がセブンと分かる中、オンラインサロンというネットで知り合った者で集まる会があります。

川上と田所が繋がると、智佳が田所の件で訪れた兵藤幸雄がオンラインサロンの兵藤塾をしていた事が分かります。

 

兵藤の元に向かい兵藤塾で熱心に活動する7人をセブンと呼んでいて、その7人の犯行だったと分かる一方で、山之辺が橘水樹の離ればなれになった兄でオープニングでの3人の連続自殺事件を起こした模倣犯だった事を時矢が突き止めます。

 

まるでジェットコースターの様にストーリーが進み、真実が明かされてビックリしまくりの終盤だったなと感じました。

 

正体がバレて兵藤を撃とうとするのを、代わりに自分を撃てと言う時矢を更に庇う智佳の2人の庇い合う姿。

兄妹の様に感じて拳銃を下ろす山之辺の場面は、見ているコチラも2人が仲の良い兄妹に見えました。

 

妹を守れなかった山之辺がどうしてもセブンを逮捕したかった気持ちと悔しさも凄く共感出来たなと感じました。

そんな山之辺に残りの5人のセブンを必ず逮捕すると言った時矢を見て、今後この事件の続きを是非見たいなと感じたそんな7話でした。

 

-2019冬ドラマ, 刑事ゼロ
-, , , ,

Copyright© ドラマ・ジャパン【話題のドラマ感想ブログ】 , 2021 All Rights Reserved.