2019冬ドラマ 初めて恋をした日に読む話

「初めて恋をした日に読む話」第5話あらすじ&感想。山下が順子に急接近!

投稿日:

今回は、山下が順子に布団にグルグル巻にされるという、少女漫画の定番感あふれる、コント的なお約束的な衝撃的なシーンから始まりました。

今回は、中村倫也さん演じる山下が大活躍で、順子に急接近!。

今まで、教え子の由利くんが一歩リードでしたが、果たして・・・。

深田恭子さんが主演のドラマ初めて恋をした日に読む話の5話の感想とあらすじについてまとめてみました

初めて恋をした日に読む話について

公式サイト

TBS系にて火曜日夜22時~

登場人物の相関図

TBS公式サイトにて

 

前回までのあらすじ

初めて恋をした日に読む話4話のネタバレあり感想。由利とのエピソード<気持ちが伝わらないもどかしさ>

 

初めて恋をした日に読む話5話の感想

冒頭の布団にぐるぐる巻きになった経緯は、傷心した山下と順子が二人で飲んでいて、泥酔した順子を山下が家まで送っての結果でしたが、布団でグルグル巻になっているという、信じられない感じの酷い状況になっているのに、それを冷静に語っている感じの中村倫也さんのナレーションが面白く最高だと思いました。

また、言い訳も素直でお茶目な感じがして、面白かったと思います。

 

そして、東大を目指していて学力がグングン上がっている由利が、初の模試を受けることになりましたが、やはり現実は甘くないと思いました。

 

由利は毎日真剣に勉強に向き合っていましたが、結果が伴いませんでした。やはり、最初から一生懸命に勉強している人に追いつくのは、簡単なことではないと思います。

そして、目標が東大ともなれば、より一層難しいことだと思いました。

 

毎朝順子の家の前を通っていた由利が、順子と山下が一緒のところを目撃したのは、本当にショックを受けていた感じがするので可哀想だと思いました。由利は八雲の時もそうでしたが、いつもショッキングな現場に遭遇してしまうので、可哀想な役どころだと思います。

順子は最近モテ期で八雲や山下からも好意を寄せられているので、由利はショックが大きく立ち直れないような感じがしました。
果たして、東大受験はどうなってしまうのかが気になります。

 

そして、今回は中村倫也さん演じる山下が大活躍していたと思います。由利に歴史を教えたり、朝ごはんを持ってきて上げたりと好感度が上がったと思います。

順子も自分をさらけ出せる相手だと思うので、今回で恋愛レースのトップに躍り出たような感じがしました。

 

八雲も由利に勉強の極意を教えたりして頑張っていたと思いますが、鈍感すぎる順子に手のひらで転がされていたような気がしました。

 

これからも、3人による順子争奪戦が、どんな感じになるかが気になります。

由利の東大受験が気になります。

今回のことで、上手くいっていた山下との関係も壊れているような気がするので、社会科の勉強にも影響が出ると思います。

 

また、順子のことが好きでしょうがないのに、順子は全く気づかずに、山下と仲良くしているのを見てしまったので、こちらも勉強に影響が出ると思います。

出演キャスト

  • 春見順子(深田恭子)
  • 八雲雅志(永山絢斗)
  • 由利匡平(横浜流星)
  • 山下一真(中村倫也)

 

-2019冬ドラマ, 初めて恋をした日に読む話
-, , ,

Copyright© ドラマ・ジャパン【話題のドラマ感想ブログ】 , 2021 All Rights Reserved.