映画

映画「七つの会議」ネタバレあり感想&あらすじ。野村萬斎さん、香川照之さんの演技最高!ドーナッツ食べたくなった♪

投稿日:

池井戸潤原作、映画「七つの会議」を観て来ました。とても面白かったー。

原作も良いのですが、やはり、池井戸作品は半沢直樹、下町ロケットしかり、監督の福澤克雄あってですね。

テンポもよくて、とても面白かったです。

主演の野村萬斎さん、そして香川照之さんの強烈なキャラも見どころでした。

しかし、この映画の中心は、及川光博さんと朝倉あきさんだったりします。

映画「七つの会議」のあらすじと感想をまとめました

ネタバレを思いっきり含みます。ご覧の際はご注意ください。

映画「七つの会議」について

公式サイト

キャスト

映画なので、登場人物が多いです。しかも、端役にかなり名前のある方を使っていたりします。ここでは、物語の核となるキャストを紹介します。

  • 東京建電営業1課係長 八角民夫(野村萬斎)
  • 東京建電部長 北川(香川照之)
  • 東京建電営業2課長 原島(及川光博)
  • 東京建電営業2課 浜本(朝倉あき)
  • 東京建電営業1課長 坂戸(片岡愛之助)
  • 東京建電副社長 村西(世良公則)
  • 東京建電社長 宮野(橋爪功)
  • 東京建電課長代理 新田(オリエンタルラジオ藤森慎吾)
  • ねじ六4代目(音尾琢真)
  • トーメイテック社長(立川談春)
  • ゼノックス常務取締役 梨田(鹿賀丈史)
  • 御前様 ゼノックス社長徳山(北大路欣也)

登場人物の相関図

キャストの説明(公式より)

 

七つの会議のあらすじ

ネタバレ含むので、ご覧の際はご注意ください

鬼の定例会議から始まる

「鬼が来る・・」

及川光博さん演じる原島の心の声とともに、緊張感ある定例会議から始まります。

 

鬼とは、香川照之さん演じる北川部長です。

入ってきたと同時に、1課と2課の売上報告。

 

1課は鉄道、航空機などの部門。課長は、坂戸(片岡愛之助)

2課は白物家電。課長は、原島(及川光博)

 

2課から報告が始まりますが、売上未達で、北川部長からの猛烈な攻撃が原島に来ます。

理詰めで追い詰めて、堪りかねて、原島は嘔吐します。

どうやら、及川さん演じる原島のキャラは、ちょっと頼りない2課長のようです。

 

1課は、エリートの集まりという設定で、前月のノルマ売上を達成します。

さすがの声ですが、そこに、イビキの声が・・・

 

なんとこの緊張感ある会議中に居眠りしている者がいたのです。

それが、野村萬斎さんが演じる八角民夫(やすみたみお)、通称ハッカク。

 

ガオガオ寝ているのです。。怒りで震える1課長坂戸・・・。

 

鬼の北川も睨みつけますが、なぜか、、スルー・・。

なにかあるようです。

 

上司・坂戸からのパワハラ

会議中も、仕事中も、居眠りしている八角に対して、上司の坂戸は、いつもイライラしています。

 

ついに我慢の限界に達して

無理難題な仕事を押し付けたり、執拗なパワハラまがいな行為を始めます。

 

「この落とし前つけさせてもらう」

 

八角がこの言葉を坂戸に対して放った数日後・・・

 

坂戸が飛ばされる

八角に対して執拗にパワハラをしていた坂戸が、ある日突然、別部署に飛ばされました。

花の1課長のポストに座っていた男がです。

売上も好調だったので、1課も2課も騒然としました。

八角に楯突いたから???なぜと全社員が疑問を懐きます。

 

経理の加茂&新田が八角を探る

八角は、トーメイテックとの取引を辞めて、ねじ六に、ねじを受注する。

その差額は90万円あります。

安い業者ならまだしも、高くなることに、疑問を抱いた新田は、上司の加茂に告げて、癒着の匂いを感じます。

八角の身辺調査に入ることに。

 

浜本のドーナツの企画が通り社内販売始まるも問題発覚

一方、浜本さんの社内の福利厚生の一貫として、ドーナツ販売を試験販売することに。

経理側は、営業の企画を通すことは嫌なので、徹底的に反対しますが、なんとか試験販売の目処だけつきました。

 

ただ、問題が発生します。

仕事をしながら販売するため、自動販売なのですが、どうも毎月の売上が合わない・・。

 

経理の新田からは、盗人がいるようじゃ

この企画は降ろせないなーとひどい一言を浴びせます。

 

この新田は結婚していますが、なんと不倫をしていました。

その相手は、浜本さん。。

 

知った仲だけど、お構いなく、罵詈雑言を浴びせます。

 

最低な新田ですが、演じているオリエンタルラジオの藤森慎吾さんは、とても上手でした。

イキイキと演じてましたw。

 

カスタマー室長・佐野が八角を探るも小倉へ飛ばされる

元、営業1課のエリートだった佐野。今は、八角の策略で、クレーム担当のカスタマー室に飛ばされています。

まだまだ、返り咲く野望は捨てていません。

八角の身辺調査をしていたのです。

もうすこしのところまで掴んでいた矢先、突然、北九州小倉営業所に飛ばされることになりました。

 

新田が東北へ飛ばされる

そして、同じように八角を探っていた、新田も東北の営業所へ飛ばされることになりました。

社内辞令を受けて、愕然とする新田。

 

それを横目に、ニヤニヤ笑う八角。

 

「俺は喧嘩する相手を間違えたか・・・」

新田の心の声。

 

原島と浜本が癒着を懸念して八角を探る

八角は、トーメイテックとの取引を辞めて、ねじ六に、ねじを受注する。

その差額は+90万円!。

安い業者ならまだしも、高くなることに、疑問を抱く。

 

ただ、これを探った、新田は飛ばされる事になった。

何かしら理由があるはずだと、原島と浜本は、後をつたり、身辺調査をすることになります。

 

今使っているネジの耐久が問題だった

あれこれあって

原島と浜本は、自社で販売していたイスの「ねじ」が原因だと気付きます。

 

問題は、ねじの耐久だったのです。

これが、この映画のすべての要因。

 

激しいノルマをクリアするあまり、1課の前任の坂戸は、コストを下げ耐久性を偽装していたのです。

 

パイプイスだけでなく、航空機、鉄道のシートに使うネジもです。。

これは大変なことで、人命に関わることです。

一刻もはやくリコールしなければならない事案でした。

 

しかし、少なく見積もっても2000億の損害。

会社は吹き飛ぶ算段の数字でした。

神戸製鋼の偽装を思い出させるシーンでした。

 

東京建電社長・宮野は隠蔽しようと言う

八角、原島は、北川部長とともに、宮野社長に事実を伝えます。

一刻もはやく、リコールしましょうと伝える八角に対して

宮野は、隠蔽すると伝えます。

闇回収して交換すれば問題ないと。

 

出向組の副社長・村西への内部告発

親会社ゼノックスから出向してきている副社長の村西に、内部告発の文章が届きます。

それを見た村西は、社長の宮野に対して

「御前様に報告する」と伝えました。

 

御前様、それは北大路欣也さんが演じるゼノックスの社長であり、絶対的存在です。

御前会議に出て釈明することになります。

 

御前会議

糾弾する梨田

そこへ、副社長の村西は、八角と前の1課部長の坂戸が呼ばれます。

 

坂戸への追求を始める梨田でしたが

「こういう体質を作ったのは、お前(梨田)だ」と八角は声を荒げます。

 

業績を上げることを重視するあまり

隠蔽する体質を作った根源だったのです。

 

若い頃、八角は、当時上司だった梨田から同様の隠蔽の要求されますが

それを拒否しました。しかし、上へ昇るために、北川はそれを受け入れた過去がありました。

 

それを御前様の前で伝えました。

 

御前様の決断は隠蔽

御前様の決断は・・、なんと隠蔽でした。

 

おどろく、八角は、引き下がりません。

人名がかかっているからです。

 

しかし、御前様は

「ここでは議事録はない」とこれで会議は打ち切られました。

 

証拠隠滅

東京に帰った八角のデスクのパソコンは無く、資料も何もかもありません。

それは、北川も同じでした。

御前は、徹底していたのです。

証拠が無いから、告発のしようもない。

 

途方にくれた八角でしたが

北川が、1本のネジを渡します。

 

なんと、ソファの下に1本だけ落ちていたのです。

八角が、北川にネジの偽装を伝えたときに

 

怒りのあまりにネジを数十本ぶちまけたのです。

そのときに1本だけソファの下にあったのでした。

 

マスコミへのリークとその後

この1本のネジがきっかけになり

八角は、テレビやマスコミにリークしました。

偽装が発覚して、ゼノックス、東京建電は大変な事になります。

 

 

七つの会議を見終わった感想

さすが~池井戸潤。

テンポも良くて、まとめ方も秀逸で、面白かったですねー。

 

ビジネスマンには日常の風景だけど、こうも面白くなるもんかな。そういう内容でした。

 

前半は どうなるのかと 興味津々でしたが

後半は筋が見えてきて 最後は 十八番の内部告発展開に。

 

この前の 空飛ぶタイヤのほうが心熱くなり感動しましたが

今作は どことなく似通った

作品でそこまでは感動に至りませんでした。

 

ちょっと 主人公(八角)が演出過剰で、設定的にはアリな感じですが、リアルな人物像からは幾分とかけ離れた感じかと思います。

まぁ見ていて、いるいるこんな人~!!

描写はリアルですね。人間関係をよく見ていますね。

 

デ-タ改ざんの悪行ですが、製造業に携わる人は 心引きしまるのでは無いでしょうか。

次回作も楽しみにしてます。

 

この映画を硬派な社会派映画だと思って観に行った人の低評価があったけど、出演者と予告編で大体分かっただろうに何故観に行ってしまったんだろう。

8割ぐらいの出演者が演技過剰,伝統芸能の節回しで、正直言って真面目に観るような映画ではなく、日本社会の駄目なあるあるネタをバックボーンにした完全エンタメ映画でした。

難しすぎない面白さがあったので、どんな年代の方が見ても楽しめると思います。

それを分かって観れば楽しめるけど、ストーリーの緻密さや重厚感、リアル感を求めて観てしまっては駄目。

テレビでよくある再現Vの超豪華キャスト版と考えたら「あぁ〜面白かった!」で劇場から出てこられるはず。

 

「下町ロケット」ファンとして、予告を見たときから

観たいと思っていた「七つの会議」観て来ました。

率直に言うと、お話の展開が物足りないですね。

 

 

もちろん、主人公に敵対するキャラクターはそれぞれ

悪いことしているのですが、絶対悪とは言い切れない

(※悪いことですが)事があったりもして。

 

そもそも、主人公も、ある目的の為に、多少の犠牲に、目を瞑っていた部分もある訳だし。

 

主人公が仕掛けたパワハラで左遷される第1営業部の部長(愛之助さん)やら、お客様センターの部長(岡田さん)は、ある意味、主人公が加担していた計画の、犠牲者でもある訳で。

 

敵対する相手は、自己保身や自分の利益だけを求めている

分かりやすい相手のほうが、シンプルでよかったのになあ。

 

主人公と香川さんが、すぐに友達であることが分かった

時点で、少し拍子抜けはしちゃいましたね。

 

最後は痛快さも感じますが、正直、消化不良が大きかったです。

それでもトータル的には平均値以上の出来だと思います。

1800円を払う価値はあると思いました。

 

帰りにコンビニ寄ると劇中で登場したドーナツが売ってました

帰りにふと、セブンイレブンに寄ると、七つの会議で浜本さんが社内販売していた、ドーナツが売ってました。

七つの会議のドーナツ

コラボみたいです。

映画観ないと気づかなかったし、買わなかったですね♪。

映画観ていない方は、なぜ、七つの会議のドーナツなのか、意味も分からないでしょう。

でも、観た人なら、どれだけ重要なものかが分かる。見事なコラボだと思います。

 

-映画
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ドラマ・ジャパン【話題のドラマ感想ブログ】 , 2021 All Rights Reserved.