2019冬ドラマ 僕の初恋をキミに捧ぐ

僕の初恋をキミに捧ぐ4話のネタバレあり感想。照の死&繭の事故

投稿日:

照(馬場ふみか)は垣野内逞(野村周平)と昔からの知り合いです。同じ病を抱える者同士、2人は通じ合うものがある様子です。病室内で照が逞にキスをねだるところを目撃してしまった種田繭(桜井日奈子)は、慌ててその場を立ち去ります。それが前回での一場面でした。

 

4話では、繭は決断します。幼い頃からずっと思いを寄せ続けている自分の気持ちに区切りを付けようと、逞を公園に呼び出します。

一方の逞も決断していました。

ドラマ僕の僕の初恋をキミに捧ぐの4話の感想とあらすじについてまとめてみました。

僕の僕の初恋をキミに捧ぐについて

公式サイト

テレビ朝日系にて土曜日夜23時15~

登場人物の相関図

テレビ朝日公式ページにて

 

前回のあらすじ

僕の初恋をキミに捧ぐ3話のネタバレあり感想。逞と繭の関係がギクシャク!衝撃の最後

僕の僕の初恋をキミに捧ぐ4話のあらすじ

公園に向かう前にやるべきことがありました。繭に会う前に、照と会わないといけません。

逞にハッキリと恋心を抱き、それを隠そうとしない照の病室に向かいます。

 

見舞いに来てくれたことを喜ぶ照に向かって、率直に伝えました。

「照ちゃんの彼氏にはなれない」と逞は告げます。

 

そのまま帰ろうと背を向けた瞬間、照は崩れ落ちます。

振り向いた逞の目に入ったのは、胸を押さえて苦しむ照の姿です。

 

なんと!!

照はそのまま死んでしまいます。

 

 

照の避けられない命の終わり。

その日、逞と同じ病、心臓に病を抱える照は死にます。

 

照は恋する男性への未練を残して死にます。

嘘でもいいから、「ウン、自分は照ちゃんの彼氏だよ」と言ってあげて良かったと思います

そうしなかったのは、繭に対する逞の愛の深さということでしょうか。

 

照の死も知らず、公園で逞を待ち続ける繭の前には、逞ではなく

イケメン生徒会長の鈴谷昂(宮沢氷魚)が現れます。

 

逞は来ないということで、繭は待ち合わせ場所を去ります

あと30分、1時間待てば、逞は現れたのでした。

 

照に、彼氏になれないと告げた後、遅れて公園に到着していましたが

そういうことは立ち去ってしまった繭には分かりません。

 

同病の照の死後、逞の病状については、安定しているとは言われます

良くなっているとは間違っても言われません。

 

しかし、駄目だと諦めていた心臓移植で助かる可能性を告げられます。

繭の父親の担当医師から、心臓移植すれば運動できる体になれると言われます。

逞にとって、そういう朗報を一番先に報告したいのは繭です。

 

しかし、繭は、その時、イケメン生徒会長の鈴谷昂(宮沢氷魚)に、お泊りドライブで誘い出されていました。

繭に朗報を伝えようにも、電話が繋がりません。

その時、昴の弟で同級生の律(佐藤寛太)から

「兄貴(昴)が車で事故った」と連絡が入ります。

同乗していた繭は車外に放り出され、血だらけの重傷です。

 

余命宣告が20歳まで。それ以上生きられない宿命を持つ逞を受け入れ、彼を一途に愛する幼なじみ繭。

それが、心臓移植で20歳から先も生きられるということになった時、昴と繭が交通事故で瀕死状態です。

 

どちらかの心臓が逞に提供されるのか

という流れになったところで、第4話は終わります。

 

僕の僕の初恋をキミに捧ぐ4話を見た感想

普通の流れなら、免許取りたての高校生の分際で

繭をお泊りドライブに誘い出した昴が死に、そして逞へのドナー提供者になるということでしょうか

 

それでは、あまりにも話が安易すぎます。

今後の事故処理について、制作側の手際に期待したいと思います。

 

出演キャスト

  • 垣野内逞(野村周平)
  • 種田繭(桜井日奈子)
  • 鈴谷昂(宮沢氷魚)
  • 鈴谷律(佐藤寛太)
  • 種田穣(生瀬勝久)
  • 種田陵子(真飛聖)
  • 垣野内寛貴(児嶋一哉)
  • 垣野内えみ(石田ひかり)

 

僕の僕の初恋をキミに捧ぐの原作&脚本

原作

青木琴美さん原作、2005年にSho-comi(小学館)にて連載。

僕の初恋をキミに捧ぐ

原作を読んでみたい方は、まんが王国で期間限定で無料で見れます。

まんが王国をみてみる

 

 

 

-2019冬ドラマ, 僕の初恋をキミに捧ぐ
-, , , , , , ,

Copyright© ドラマ・ジャパン【話題のドラマ感想ブログ】 , 2021 All Rights Reserved.