2019冬ドラマ 刑事ゼロ

刑事ゼロ5話のネタバレあり感想。八咫烏様!ゲストは佐戸井けんたさん。

投稿日:

刑事ゼロ5話は八咫神様という、日本を代表する、正に都市伝説なテーマ絡みの犯行ということで、一体どんなストーリーになるのかと期待して見ていましたが、とても面白く、引き込まれる物語だったと思います。

ドラマ刑事ゼロの5話の感想とあらすじについてまとめてみました。

刑事ゼロについて

刑事ゼロ

公式サイト

テレビ朝日系にて木曜日夜20時~

登場人物の相関図

テレビ朝日公式ページより

前回のあらすじ

刑事ゼロ
刑事ゼロ4話のネタバレあり感想。昔コンビを組んでた野間口徹さん登場!透明人間事件

記憶を失った時矢暦彦(沢村一樹)。それを補佐する佐伯智佳(瀧本美織)。回を重ねるごとにコンビネーションが深まってます。4話では、昔コンビを組んでいたサイバーセキュリティ対策室の但馬(野間口徹)が登場しました。 この記事の目次1 刑事ゼロについて1.1 公式サイト1.2 登場人物の相関図2 前回のあらすじ3 刑事ゼロ4話の感想4 出演キャスト 刑事ゼロについて 公式サイト テレビ朝日系にて木曜日夜2 ...

続きを見る

 

刑事ゼロ5話のネタバレ含む感想

今回の舞台は神様が棲むと言われている村八咫神村(やたがみむら)。時矢は神様が棲む村で死人が出るなんておもしろそう!と佐相を連れて八咫神村を訪れました。最初に転落死したのは、村役場職員の浅木浩太郎。所轄は事件性はなく、転落死と断定してしまいます。そこで、村長が「八咫神様の天罰が下った!」と叫び、村は騒然となります。

 

村長によると、500年前村の乗っ取りを企んだ野武士が突然、苦悶しながら鳥居に向かって走り出し、まるで鳥のように崖から飛び降りたという伝説があるとのこと。以前から伝説どおりのことが村では度々起こっているそうです。1年前にも村の消防団長だった飯田透が、村を裏切るような怪しげな行動を取りはじめた矢先、同じ崖から転落死しました。村長は天罰としか思えないと断言。

 

同じころ、時矢をライバル視する福知は、過去の未解決事件の再捜査を開始していました。半年前の身元不明の女性殺害事件を再捜査していると、犯人が八咫神村の人であることが発覚します。そこで時矢と合流すると、犯人の似顔絵をみて、村役場職員の浅木浩太郎であることがわかります。身元不明の女性は、1年前に天罰で亡くなった飯田透(太田雅之)の娘であることが確認されました。

 

第2の転落死が起こり、被害者はなんと村長。そのころ福知は、生鮮食品・技術開発「ヤミーテック」が進めている新事業「風力発電」と飯田透が関係していることを突き止めます。八咫神村は風力発電に適した土地なので、飯田透と幸子が山を売るつもりだったから殺されたと福知は推測しました。

 

一方時矢は転落死の正体が、鳥居井に入る前に食べるふきのうとうによく似た毒草(はしりどころ)が原因であることを見つけます。この毒草が引き起こす幻覚作用によって、何人もの人が転落死したと考えられるとのこと。

 

なんと、山を売ろうとしていたのは村長と浅木であったことが発覚。山を売る計画にいち早く気づいたのが飯田透であり、そのため村長によって殺害されてしまいました。父の死の真相を調べていた幸子は、ヤミーテックにたどり着きます。そこで浅木を問い詰めたため殺害されてしまったとのこと。

 

浅木と村長を殺害したのは、幸子と幼馴染の羽山でした。幸子が羽山にとって大切な存在であったため復讐をしたとのこと。しかし、村長の死亡推定時刻には羽山は福井県で仕事をしていたため、犯行は不可能な状態でした。そこで時矢はアリバイ崩しのため川で実験をします。なんとこの川の上流は福井県であり、いかだで下ってくると1時間で到着します。こうして羽山のアリバイは崩れ無事事件は解決しました。

 

今回は神様のたたりを信じている住人の心理をうまく利用していていると思いました。自分も実際何かあれば神社に行ってお祓いをするし、目に見えないものを信じてしまう気持ちがわかります。

 

時矢は抜けているけど、もともと持っている力で事件を解決してしまいとてもかっこいいです。佐相より年上なのに、佐相にフォローしてもらっている場面がおもしろくて好きです。今後時矢も記憶は戻るのか?このままなのか?続きが楽しみです。

 

出演キャスト

  • 時矢暦彦(沢村一樹)
  • 佐伯智佳(瀧本美織)
  • 寺島進(福知市郎)
  • 根本留夫(渡辺いっけい)
  • 内海念也(横山だいすけ)

 

-2019冬ドラマ, 刑事ゼロ
-, , , , ,

Copyright© ドラマ・ジャパン【話題のドラマ感想ブログ】 , 2021 All Rights Reserved.