2019冬ドラマ トレース科捜研の男

科捜研の男3話のネタバレあり感想。9歳の少女が殺される事件・・ドラマとはいえきつい脚本が駄目でしょう

投稿日:

今回は、モモちゃんという9歳の少女の殺人事件のお話です。

なぜ、このトレース科捜研の男というドラマは月9なのにこうも攻めるのでしょう。正直、ゲンナリしました。。

トレース科捜研の男3話の感想とあらすじについてまとめてみました。

トレース科捜研の男について

2話の再放送

以下にて見ることが出来ます。期間限定で無料で見れます。

トレース科捜研の男を視聴する

公式サイト

日テレ系にて月曜日夜21時~

登場人物の相関図

 

前回のあらすじ

第二話のあらすじと感想は、こちらの記事にまとめました。

科捜研の男2話あらすじ&感想。科捜研の女にも出てきた「キメラDNA」が鍵

今回、真野とノンナは外科医の真田和寿が殺害されるという事件のDNA鑑定を依頼されました。警察が容疑者として捕まえたのは宮永渉でした。しかしDNA鑑定の結果は不一致でした。今回も、虎丸の読みが違ってしまったのでしょうか?。 1話目はグロかったのですが、今回はそれはなかったです。面白かった。でも、科捜研の女のネタが被りすぎてます・・。 科捜研の男2話のあらすじと感想まとめました。ネタバレ含みます。 こ ...

続きを見る

 

トレース3話のあらすじ

モモという9歳の少女が遺体となって見つかりました。性的暴行は加えられていないとのこと。

ドラマであっても幼い少女が巻き込まれる事件は悲しいものです。子供が冒頭から殺される月9のドラマってあったでしょうか。。

 

捜査を始める虎丸のところに、先輩刑事鶴見がやってきます。

20年前と10年前に起きた幼女殺人事件と酷似していること、その際逮捕に至らなかった西内という男が犯人に違いない、今度こそ絶対逮捕すると捜査への参加を言って来たのでした。

 

一方で殺された少女の両親の元へ行った虎丸は、両親の不仲を目の当たりにし、自分の妻も過去、刑事の仕事を理解してくれず出て行ってしまったことを思い出したようでした。

初回はやけに怒鳴り声がうるさいばかりの虎丸刑事でしたが、そんな過去があったとはと気の毒になるとともに、その両親の不仲に何かしらの原因があるようだと想像がつきました。

事件現場への臨場に、鶴見を加えた虎丸、本来は管轄外の鶴見を加えることに周囲は反発もしましたが

その鶴見が、現場に落ちていたタバコを見つけ、そのDNA鑑定が西内容疑者のものと一致します。

しかし、そのあたりで、この鶴見刑事にどこか歪んだ執念を感じ、犯人は他にいるのではないかという印象を持ちました。

 

そして、吸い殻に含まれた成分から、真野は、誰かによって不自然に置かれたものであることを見抜きます。

鶴見翔子のねつ造をみやぶるのでした。

やはり、という感じでした。

 

「警察がねつ造するなんて」というノンナの言葉に、昔の映像がフラッシュバックする真野

「警察なんて信用できない、だから俺たちが真実を見つけるしかない」という言葉は

自分に身近で起こった事件をいつか自分が解決すると言っているようにも感じられました。

 

虎丸は、鶴見の罪に怒りは感じつつも、20年前自分のせいで少女が殺されたと思います。

残された時間に何かしたいと思っていた気持ちは分かってやって欲しいと

虎丸は真野らに告げ、鶴見の手帖を手渡します。

 

そこから何かに気づいた真野。

 

昔の事件の際、現場に居合わせたカップルの撮った画像に映りこんだ犯人と思われる人物の履いていたジーンズを解析し、西内のものだと判明し、逮捕となります。

 

ジーンズの特徴が一致するからと言ってそれが決め手になるのだろうか、と疑問を持ちました。

こんな証拠を見たのは初めてだったので。意外でした。ちょっと、説得に欠けます。

 

そして西内は、過去の2回の事件についての犯行を自供するものの、モモの事件については否認するため、真野らは新たに、少女の遺品についた血液の分析を行います。

 

そこから分かった真実は、その日居合わせた少女の証言では、不仲の両親を仲直りさせるため自殺未遂のふりをした

それが不運にも亡くなってしまった・・・

そんな不幸な事故だったということが分かりました。

 

悲しい・・・

 

なぜみんな、親に相談しなかったのかというノンナ、大人に言えないからだろう、という真野。

 

以前、「警察は信用できない」と言った真野にはきっと何かあるんではないかと感じたノンナ

彼女がいつか真野とともに彼の過去の悲しい事件の真相にたどり着き、彼の心を解きほぐすのではないかと思いました。

 

今回も、事件の真相が二転三転し、とても引き込まれる内容でした。

錦戸くんの悲し気なまなざしも印象的です。

 

3話を観た感想

9歳の子供が、仲が悪い両親の気を引くため自殺のフリをしたら、そのまま死ぬなんて・・

そんな悲しい結末ってあるでしょうか・・。なんとも後味が悪いです。

 

トレース科捜研の男は、気持ちよく気軽に楽しめるドラマではないです。

観終わった後の気持ちが、なんともやるせない気持ちになります。

 

出演キャスト

  • 真野礼二(錦戸亮)
  • 沢口ノンナ(新木優子)
  • 海塚律子(小雪)
  • 虎丸良平(船越英一郎)
  • 猪瀬祐人(矢本悠馬)

 

トレース科捜研の男の原作

原作は、古賀 慶氏のコミックゼノンで連載していた漫画『トレース~科捜研法医研究員の追想~』

トレース 科捜研法医研究員の追想 1 (ゼノンコミックス)

 

脚本

  • 相沢友子(人は見た目が100パーセント、本能寺ホテル、プリンセストヨトミなど)

  • 岡田道尚(信長協奏曲、ライアーゲームなど)

 

トレース科捜研の男の見逃し配信

FOD(フジテレビオンデマンド)から見る事ができます。

-2019冬ドラマ, トレース科捜研の男
-, , ,

Copyright© ドラマ・ジャパン【話題のドラマ感想ブログ】 , 2021 All Rights Reserved.