映画

映画マスカレードホテルのネタバレあり感想。閲覧注意!犯人は・・・

投稿日:

東野圭吾原作の映画マスカレードホテル。大ヒットしているというので、観てきました。

木村拓哉さん主演で、刑事役。

てっきりホテルマンだと思ったのですが、これには理由がありました。

映画マスカレードホテルの感想とあらすじについてまとめてみました。

ネタバレ思いっきり含みます。これから映画をみる方は見ない方がよいです。閲覧ご注意願います。

マスカレードホテルについて

公式サイト

監督と脚本

  • 監督:鈴木雅之(ショムニ、古畑任三郎)
  • 脚本:佐藤直樹(ライアーゲーム、海賊と呼ばれた男、劇場版コードブルー)

登場人物

映画だけに豪華な顔ぶれでした。

刑事

刑事側は、篠井さんがトップ。渡部篤郎さんは、刑事部長かな。現場をしきっています。その下で働く、他の刑事たちという位置づけです。そのなかでも、キムタク演じる新田は問題行動が多い人物というのが冒頭からわかります。

  • 新田浩介(木村拓哉)
  • 稲垣(渡部篤郎)
  • 尾崎(篠井英介)
  • 穂富弥(梶原善)
  • 能勢(小日向文世)
  • 関根(泉澤祐希)

ホテル

  • 山岸尚美(長澤まさみ)
  • 藤木(石橋凌)
  • 田倉(鶴見辰吾)
  • 川本(石川恋)

濱田岳、笹野高史、生瀬勝久、高嶋政宏、菜々緒、宇梶剛士、田口清正、橋本マナミ、前田敦子、勝地涼、松たか子

 

マスカレードホテルのあらすじ

連続殺人犯を追ってホテルコルシア東京へ

主人公の新田(木村拓哉)は刑事。稲垣(渡部篤郎)が指揮をとりつつ、ホテルの一室を借りて、捜査本部が設けられます。都内で発生した3件の連続殺人犯を追って、次の犯行予告が、ホテルコルテシア東京であることが判明したからです。主人公の新田は、そこではちょっと暴れん坊な刑事のようです。

冒頭から緊張感のある雰囲気。

ホテルで潜入捜査をすることに

これまでの犯行経緯から、予告があって、必ず殺人事件が起きています。

今回も既に予告済み。予告方法は、殺人現場に残した緯度経度を予想される暗号が毎回残っていました。そこから、今回もホテル内で起きることは間違いないという刑事側の読みです。

そこで、ホテルで従業員として潜入捜査をすることになりました。

 

新田は、帰国子女ということもあって、英語が堪能。

フロントの仕事に付かされました。

 

怪しいお客を見つけてはハプニングの連続

ホテルのフロントとして潜入捜査することになった新田。教育係である山崎から激を飛ばされながら、日々奮闘します。新田としては、あくまでも潜入捜査。

しかし、ホテルの顔でもあるフロントを任されたからには、山崎としてはそうはいきません。長かった髪やヒゲを切られ、歩き方や口調も直されます。

そして、いろいろな客とのハプニングが連続します。

  • 支払いで順番待ちしない上客(笹野高史)
  • 宿泊するたびにバスローブを盗む客(高嶋政宏)
  • 新田に難癖つけて無理難題を言ってくる男性客(生瀬勝久)
  • ストーカーされている女性客(菜々緒)
  • 目の見えないフリをしているお婆さん
  • 結婚式で発生した騒動(前田敦子)

など

新田は、癖の強い”お客様”を対処しつつ

ホテルマンとして、成長していきつつ、事件の解決の緒を探します。

フロントの仕事は、自由に動けません。そこで、元相棒だった刑事の能勢(小日向文世)に情報を渡しつつ、動いてもらいます。

 

事件の鍵となったお客様

なかでも、事件の鍵となったお客が

  • 新田に難癖つけて無理難題を言ってくる男性客(生瀬勝久)
  • 目の見えないフリをしているお婆さん

です。

新田に難癖つけて無理難題を言ってくる男性客(生瀬勝久)

生瀬勝久さんが演じる客は、最初から挙動が変でした。

新田を見て、驚いた顔をしました。知っているよう。

 

急に豹変して、ホテルマンの新田を呼びつけて

怒号を上げて荷物を持ってこいと命令します。

 

部屋につくなり、荷物の中のパソコンのデータがお前のせいで壊れた

どうしてくれるんだと、この記事をこの部屋で書けと命令します。

 

「お前が書いている間、俺は外に用事があるので出る。」

「お前がちゃんとやっているかを判断するため、定期的に、お前の携帯に電話をする。でも、ワン切りする。」

「それを受けたら、お前はホテルの電話をつかって、俺に電話をかけろ」

 

そんな滅茶苦茶な要求をします。

ここの場面、意外と後で重要な役目を果たします。

 

教育係の山岸からは、お客様が第一という言葉を念を押されています。

しぶしぶ従いました。

 

チェックアウトの際にイチャモンをつけて

新田に土下座をさせようとします。

 

土下座はせずに、ホテルマンとして100%の返答で、生瀬勝久さんの要求に答えます。

 

ここで、この生瀬勝久さん演じる客が、新田が高校時代に英語の教育実習生で来た先生であることが判明します。

 

海外に住んでいた新田は、ネイティブな発音が出来ました。

そこで、この見習い先生が生徒の前でバカにされたのです。それをずーっと恨んでいたというわけです。

 

ホテルマンとして成功している新田を見て

悔しくなって、やったというわけでした。

 

目の見えないフリをしているお婆さんの片桐

白杖をついた目の見えないお婆さんが入ってきます。

山岸は、丁寧に対応しますが、新田は違います。

「目の不自由な方は、視覚以外の聴覚と触覚を大事にしている」と言います。

ところが、このお婆さんは、手袋をしています。

そして挙動もなにかおかしい。

本当は目が見えているのではないか、怪しいとにらみます。

 

お客様第一主義の山岸は、そんなはずはないと大激怒。

でも、ところどころ、目が見えているのでは・・・と思うように。

 

しかも、事あるごとに、山岸がホテルの部屋に呼ばれます。

霊が出るから部屋を変えてくれとか

ボタンを落としてので拾ってくれとか・・。

 

不審なことが起きつつも、翌日、無事にチェックアウト。

 

本当は目が見えていることを伝えます。

自分の夫は目が今度宿泊する。自分が同じような体験をして、このホテルの下見をしたいと思って、こういう真似をしたと謝りました。

 

アリバイを崩すトリック

一連の犯行で、当初疑われて捕まっている男がいましたが

アリバイがあって、無関係と思われていました。

 

生瀬勝久さんが演じる客との対応で

このアリバイを崩せるかもと新田は思いつきます。

 

電話の履歴から、犯行は無理と思われていました。

ところが、相手の名前の表示だけで、中身の電話番号は全くの別物だったのです。

 

単独犯人ではなく事件はすべて別々の人間がやった

新田の情報をもとに、捜査が進展します。

当初、現場に残された暗号の共通点から、単独犯と思われていました。

 

ところが、メールの解析から、闇サイトで知り合った通称X1、X2、X3という別々の人間がそれぞれの事件を起こしていたのです。

 

そして、X4がすべての犯行を計画したことも判明したのです。

事件の糸口が見いだせぬまま暗礁に乗り上げます。

 

結婚式でのハプニング

翌日、結婚式の準備をすすめる女性(前田敦子)が来た際に、ホテルにこの子宛に届いたワインを渡そうとし、新田は止めます。

どうやら、コルク部分に注射痕があることが判明。

なにかしら、毒物が入れられている可能性があることに。

 

ストーカー被害にあっていることを打ち明けられますが

明日の結婚式は、そのまま予定どおり行うことに。警察による警備を敷くことで対処すると。

 

結婚式当日怪しい女装の男性(勝地涼)が登場

結婚式当日、滞りなく結婚式は進められました。

しかし、フロントでは、少し異常が・・。

若い男性(勝地涼)が入ってきたのですが、ふと落とした荷物に、女性用の帽子が・・・。

 

それを山岸は見逃しませんでした。

マークしていた男性はトイレへ。

 

ふと、気づいたときには、その帽子を被った明らかに女装した男性がソファに座っていたのです。

 

新田にそれを告げて、刑事にそのことが周知されて一斉に厳戒態勢に。

前田敦子の結婚式で、これから入場という際に、その前に女装した勝地涼が立ちはだかります。

ちょっと笑いが起きました。実際に結婚した二人です

 

その時点で

一斉に刑事に取り押さえられました。

 

しかし、勝地涼はメモを渡すように頼まれただけと言います。

 

山岸の元に顔なじみの客が

確保されたのと同じくらいの時間帯。

山岸のもとに、顔なじみの客が訪れます。

 

名古屋に情報収集に行った能勢からの写真に驚愕

勝地涼を確保した際に、名古屋に情報収集にいった能勢からスマホに写真が届きます。

 

殺された男性の過去を探っていたところ

劇団に所属していました。

 

その集合写真があったので送ると。

それを拡大した際に新田は驚きました。

 

いつぞやの視覚障害者を偽ったお婆さんの姿がそこにあります。

いや、お婆さんじゃなく、若い!(松たか子)。

実は役者だったのです。

演技で、お婆さんになっていたのです。

 

そして、狙っているのが、山岸ということに気付きます。

急いで山岸を探すと、そのお婆さんに呼ばれて客室に行ったと云えられます。

 

ここからネタバレあり!!!

厳重注意!!

 

 

犯人は松たか子

客室に着いた山岸は、拘束されてしまいます。

犯人は、松たか子だったのです。

お婆さんになっているのも演技でした。

 

なぜ、自分が狙われるのかわからない山岸。

犯人は語りました。

 

当時付き合っていた彼氏が泊まっている事を知って

浮気していると思い、部屋番号を聞き出そうとしますが、山岸に断られたのです。

だったら宿泊すると伝えましたが、それも断れたのです。

 

ホテルマンからするとお客様を守る行為。

当然の行為でした。

 

そのまま、彼女は一旦は引き下がりましたが

雨のなか、傘もささずに朝まで、彼が外に出てくるのをまっていたのです。

 

彼が出てきたのを見たのですが

そのまま気を失い救急車で運ばれてしまいます。そのときに、流産してしまったのです。

 

これが原因で、その彼は殺され

そして、山岸も命を狙われていたのです。

 

「片桐」名義で取った部屋が5部屋

気づいた新田が部屋を探しますが

偽名の「片桐」名義で取った部屋が5部屋もあります。

 

1つ1つ探します。

探すときに、ホテルマンで培った知識が大活躍します。

 

ホテルはベットメイキングはじめ完璧な状態になります。

メモを止めている文鎮も数ミリのズレもなく、美しい状態であるはずなのです。

 

いくつか部屋を探していたとき

1つの部屋の文鎮が斜めにズレていました。

それを見ても、そのまま部屋を出る新田。

 

部屋を閉じると、浴室で口を塞がれている山岸の姿が。。

いまから毒を注射しようかという寸でのところで、新田が止めます。

 

文鎮のズレで気づいたのです。

逮捕となりました。

 

明石家さんまはマスカレード・ホテルにいつでるの?

ここまでで、明石家さんまが出ていません。

 

たしか、ドラマで番宣のときに、さんまさんが出るって言ってたようなと思ったら、最後の最後のシーンで、すこーーしだけ出ます。

本当にすれ違う程度。

残念ながら、気付きませんでした。 終わったあとに、嫁さんに言われて、え??そうだった??って思った程度です。

 

マスカレードを観た感想

犯人役の松たか子さんの演技が素晴らしかった。

お腹の子を失って狂気に走る様が、鳥肌がたつほどの演技力でした。怖かった。

 

木村拓哉さんは、いつもの颯爽とした感が出てカッコよかったです。

こういう主人公役は様になります。

 

長澤まさみさんは、所作や言葉づかい

見事にホテルマンでした。そして、可愛かった。

 

役者さんの演技はみんな素晴らしかったです。

演技も原作も良かったのに、ちょっと、中だるみがした感があります。

ものすごく面白いというわけでもなく、面白くないというわけでもない。

 

途中でガーっていびきをたてて寝ている客(おじいさん)もいました。

私の後ろの客だったので、マジですかー困るって思いましたが

なんとなくその気持わかりました。

息をつかせぬ展開というのもなく、転調がない。

 

脚本は、佐藤直樹さんなのに

なんでだろう???っていう感想でした。

 

-映画
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ドラマ・ジャパン【話題のドラマ感想ブログ】 , 2021 All Rights Reserved.