2019冬ドラマ 初めて恋をした日に読む話

「初めて恋をした日に読む話」1話のネタバレあり感想。視聴率8.6%でも面白かった!ただし、深田恭子さんをおばさん扱いは違う!

投稿日:

深キョンの新作ドラマ「初めて恋をした日に読む話」が始まりました。最近ますます女子力が上がって可愛く、そして色っぽくなって魅力が高くなっている深田恭子さん。前回主演だったのが「隣の家族は青く見える」ですが、不妊治療や性同一性などの社会問題を盛り込んでいて素晴らしかったので、同じく主演の今作も、とても期待していました。

今回の作品は少女漫画を原作にしたキュンキュンするような恋愛ものです。すごく楽しみです。

主演のドラマ初めて恋をした日に読む話の1話の感想とあらすじについてまとめてみました。

初めて恋をした日に読む話について

公式サイト

TBS系にて火曜日夜22時~

登場人物の相関図

TBS公式サイトにて

 

「初めて恋をした日に読む話 」1話の感想

深田さん演じる順子が婚活で知り合った男性にいきなり振られるという展開から幕を上げます。

深キョンを振るなんて、とんでもない!って誰しもが思ったと思います。

 

恋愛候補の一人で物語の需要人物となる由利匡平がいる不良たちにナンパされそうになりますが

年を取っていても深田さんは可愛いので、簡単に辞めるのはもったいないと思いました。

 

その由利を大卒にしようと、お父さんが順子のいる塾に連れてきます。

グレている息子なら、普通はあんなに簡単には塾まで連れていけないと思いましたが、そこはドラマ。

 

途中でケンカになります。

その時に順子が子供に失礼な由利のお父さんにブチギレてしまいます。

今回の深田さんに役は、もっとおしとやかな感じと思っていたので、あの展開は少し意外な感じがしました。

 

そして由利と父親は怒って帰りますが、由利は何を思ったか

東大に行きたいと言い出します。

すこし展開が急な感じがして驚きました。

 

その後、本格的に由利が勉強を始めます。

順子に勉強を教えてもらっている感じは、仲睦まじい感じで良かったと思います。

女子の私が言うのもなんですが、由利くらいの年齢は、年上に興味を持つ年頃だと思い、相手が深田さんのように可愛かったら、勉強を教えてもらうのは最高だと思います。

 

その頃、もう一人の候補で順子の従兄弟で、エリートの八雲雅志が登場します。

順子に好意があることをバレバレで接しますが、従兄弟なのに長い間ずっと思い続けているのは、よほど純情なんだろうと思いました。

 

そして最後の候補である山下一真が今回は活躍が少なく、キャラがまだ謎な感じがするので、次回以降に活躍するのかな。

やはり深田さんは超絶可愛く、声も良くて、色気も身につけて、本当に魅力的になった感じがしました。

 

そして今作は新しいキャラに挑戦していると思いました。

ただね、今回の役で、深キョンが「おばさん」扱いされるんですが、それはちょっと無理があるかなー。

 

Twitterでも「それはないでしょー」ってツッコミが多かったです。

 

おもな出演キャスト

  • 春見順子(深田恭子)
  • 八雲雅志(永山絢斗)
  • 由利匡平(横浜流星)
  • 山下一真(中村倫也)

 

初めて恋をした日に読む話の原作と脚本

原作

原作は持田あきさんの漫画です。

初めて恋をした日に読む話 1 (マーガレットコミックス)
初めて恋をした日に読む話 1 (マーガレットコミックス)

脚本

  • 吉澤智子(大河ドラマ八重の桜)

 

-2019冬ドラマ, 初めて恋をした日に読む話
-, , ,

Copyright© ドラマ・ジャパン【話題のドラマ感想ブログ】 , 2021 All Rights Reserved.