2019冬ドラマ 私のおじさん

私のおじさん第1話のネタバレあり感想。主演は岡田結実!城田優のキスシーンがエロかった

投稿日:2019年1月13日 更新日:

遠藤憲一さんが妖精になって登場するという面白そうなストーリーのドラマが始まりました。主演は、岡田結実さん。

いち視聴者ながら大丈夫なのかなって心配したけど、演技上手でした。器用な子なんだなーって思えました。

脇を固めるのが、城田優、遠藤憲一という一流俳優陣の助けもあって、面白かったです。

私のおじさん1話の感想とあらすじについてまとめてみました。

私のおじさんについて

わたおじ

公式サイト

テレビ朝日系にて金曜日夜23時15~

登場人物の相関図

テレビ朝日の公式ページにて

 

私のおじさん1話の感想

婚約者に捨てられ、就活を経て、あまり意に添わない制作会社就職した一ノ瀬ひかり。

それでも希望に満ちて入社式に訪れたものの、小さな、そして汚いオフィスにデスク、少々がっかりしているひかりの目に飛び込んで来たのが、階段に座ってなぜかバナナを食べているおじさんでした。が、驚いている間にそのおじさんは消えていました。

 

早速ロケ現場に行かされるひかりでしたが、クセのあり過ぎるADやプロデユーサー、それに無茶を言う通行人。とまどい希望を失くしてトイレに駆け込むひかりの前にまた、おじさんが現れ、自分は妖精だと言い「なぐさめてあげようか」と声をかけます。

 

その日からひかりについて回るおじさんは、どうやら他の人の目には見えず、ひかりにだけ見えるよう。周りのADたちのイビリのような言葉に、隣でイチイチツッコミを入れるおじさんが非常に笑えました。

 

周りからの無理難題に笑顔で耐えていたひかりに「嬉しくないのになんで笑っているの?」というおじさんの言葉。それに応えるように自分の思いの丈をぶつけるひかりにおじさんの言った「仕事なんて、くだらないことの積み重ね」だという言葉にうなずかされました。新入りでまだ仕事に慣れない若い人に、聞かせたいような言葉でした。

 

痛快な中にもどこか、仕事や今の世の中の真髄をついた言葉が聞かれるドラマになるのではないかと期待してしまいます。

 

翌日、退職願を用意して出社したひかりでしたが、厳しくて乱暴な千葉ADが意外にも仕事に対しては誠実な姿に触れ、何かを感じたようでした。

そんな中、ひかりのミスでロケに穴があきそうになった時、代わりの店を探すひかりは、取材拒否で有名なカレー店を訪れます。

ここは無理だと千葉ADも言う中で、隣のおじさんが言うとおりの言葉を口にし、その言葉に打たれた店主から、取材OKをもらうことができました。

 

撮影前のテストのため、激辛カレーを食べさせられるひかりでしたが

「くだらないことの積み重ね」

「テレビはくだらないことが面白いんだよね」

といった言葉を思い出し、汗をかきかき見事に完食。周りも少々彼女を見直したようでした。

 

今回、コワモテ遠藤憲一さんがなんと妖精のおじさん役ということで、何だか面白そうだと思い見始めたドラマでしたが、エンケンさんは期待通りでした。

 

また、ドラマ主演は初という岡田結実さんも、等身大のような役をとても素敵に演じてらっしゃいました。

他の人には見えないという設定の2人の絡み具合がとても面白かったです。

千葉ADとは今後何やらいい雰囲気になりそうな期待もあり、金曜の深夜にとても楽しみなドラマになりそうです。

 

私のおじさん1話の出演キャスト

  • 一ノ瀬ひかり(岡田結実)
  • おじさん(遠藤憲一)
  • 千葉迅(城田優)
  • 泉雅也(田辺誠一)
  • 出渕輝彦(小手伸也)
  • 馬場桃花(青木さやか)
  • 九条隼人(戸塚純貴)

 

私のおじさんの脚本

脚本は、健康で文化的な最低限度の生活を書いた方。

  • 岸本鮎佳(健康で文化的な最低限度の生活、Love or Not)

 

-2019冬ドラマ, 私のおじさん
-, , , , , ,

Copyright© ドラマ・ジャパン【話題のドラマ感想ブログ】 , 2021 All Rights Reserved.