2019冬ドラマ トレース科捜研の男

トレース科捜研の男の第1話ネタバレあり感想。月9なのにグロい&救いようのない結末!船越さんうるさい&錦戸くん声小さい

投稿日:

錦戸亮さん主演のフジテレビ月9ドラマが始まりました。すごく楽しみにしていたんですが、ちょっと裏切られた感がありました。

主人公の錦戸亮さん、声が小さいです。大河ドラマの時も思ったんだけど、今作ではさらに声が小さいです。

そして、それに反比例して、船越さんの声がデカくてうるさいです

ストーリーも、月9なのに、かなりグロい。そして、1話から救いようのない結末・・。

科捜研の女みたいな颯爽感あるドラマを期待すると裏切られます。フジテレビやっちゃったなーって思いました。

トレース科捜研の男の1話の感想とあらすじについてまとめてみました。

ネタバレ含みますので、閲覧ご注意です。

トレース科捜研の男について

1話の再放送

以下にて見ることが出来ます。期間限定で無料で見れます。

トレース科捜研の男を視聴する

公式サイト

日テレ系にて月曜日夜21時~

登場人物の相関図

 

トレース科捜研の男1話のあらすじ(ネタバレあり)

イベント会場に犬が切断された手をくわえてきたことから事件が発覚しました。

科学捜査研究所には、警視庁捜査一課の刑事・虎丸(船越英一郎)と猪瀬(矢本悠馬)が、鑑定結果を聞きに来ました。

見つかった切断された左手の鑑定をしたのは真野(錦戸亮)でした。

 

真野は、付着物などを伝えると虎丸は多摩川を捜査するよう決めました。

しかし、真野は意味がないと言ってしまいます。

刑事の勘で動く虎丸と、鑑定が真実の真野はこれからも対立しそうでした。

 

真野は、勝手に鑑定結果から日原川に向かうと言い出します。

真野は捜査するタイプの人みたいです。

 

上司の海塚律子(小雪)も反対もせず、来たばかりの沢口ノンナ(新木優子)を同行させます。

現場に付くと間もなく2人は女性の遺体と、そして一輪の花を見つけました。

 

新人のノンナですが、最初から遺体を発見するという事態に。

かなり動揺していましたが、これから大丈夫なのでしょうか?

 

司法解剖でわかったことは、死体は10の部位に切断されていたこと、死因が失血死であること、そして生前に暴力を受けていたことでした。

DVを受けていたようです。

 

このシーン、かなりグロいです・・。

驚きました。月9なのに、ショッキングなバラバラの遺体シーン。

 

両親が娘かもしれないと警察署に来たことで、被害者は五十嵐美加という女性だとわかりました。

真野は1人、現場で見つけた花を調べ誰かが遺体のそばに持ち込んだと考えました。

 

そんな時、被害者の行動がわかりホテルに鑑定に行くことに。

刑事とことごとくぶつかる真野。

 

浴室の鑑定を行うも、ルミノール反応は出ませんでした。

部屋を調べたいという真野に、虎丸はしなくていいと言いました。

虎丸は科捜研を道具のように思っているように感じます。

 

納得していない真野は、勝手にホテルの物を鑑定し始めました。周りからはやり過ぎと言われてしまいますが、真野には何か信念があるように感じます。付き合わされるノンナは大変そうですね。遺体を発見してから食欲がないなんてやはり新人ですね。

2人でひたすら鑑定し、ホテルに母・千鶴のDNAを発見しました。

千鶴に事情を聞きますが、何か隠している様子です。

 

虎丸の推理は、DVをしていた父親が殺したというものでした。

それに真野は反論します。

 

虎丸は真野を外してしまいました。

虎丸の推理は刑事の勘というやつですね。

 

真野の話から、ノンナにも少しずつ科捜研の仕事がわかってきたようです。

刑事の捜査とは違いますが、被害者のために行動することに変わりはないのですね。

 

ノンナは千鶴の家の鑑定に行きました。虎丸は浴室を疑っていましたがルミノール反応は出ませんでした。

 

ノンナは千鶴に何があったのか問いつめてしまいました。

虎丸には怒られましたが、ノンナの成長を感じました。律子は怒りませんでしたね。

 

刑事の虎丸にも、刑事の意地があるのかもしれません。

後日、千鶴が虎丸に血の付いた灰皿を渡され、ノンナは鑑定をしました。疑われたのは父・康信でした。しかし、殺害は認めませんでした。

律子は真野を戻すことを虎丸に提案します。真野の力が必要だと感じたのでしょう。

 

今度は廊下を調べることになりました。

暗幕をかけ調べると、ルミノール反応が出ました。

でもそれは、ある扉の前でした。

 

犯人は、隣の部屋の男・富田でした。

美加は母親想いのいい娘でした。

母親を心配し、1人で父親に話をしに来ていたのでした。

 

灰皿で殴られながら、父親の元を去りその後隣の男に部屋に連れ込まれていました。

富田は、盗聴し自分の過去の境遇から美加にシンパシーを感じていたようです。そして、逃げようとした美加を殺害し、バラバラにして埋めたようです。

富田の勝手な思い込みで、美加は殺されてしまったのですね。

花を添える優しさがあるなら、なぜ殺すことを選んでしまったのでしょう。

 

無事に事件が解決し、虎丸もやっと落ち着いた感じです。

真実を追う真野の執念なのかもしれません。

虎丸はなぜか真野に対抗しているようです。

たしかに今回は、虎丸の推理は外れてしまいました。

 

刑事の勘だけでは、頼りないですね。真野の豊富な知識と鑑定技術で、どんどん事件を解決して欲しいと思います。

虎丸とはこれからも対立することがありそうなので、ノンナは振り回されてしまうかもしれませんね。

 

トレース科捜研の男1話を見た感想

見終わったあとの感想は、救いようのない結末で、後味がものすごく悪かったということ。

驚きました。

映画じゃないのに・・。

月9という時間帯を考えて、もう少し爽快感あるドラマにして欲しかった。

 

1話の主な出演キャスト

錦戸くん、もごもご話してて、聞き取りづらいです。

そして、船越英一郎さんは、気合十分!。今までの刑事役とは違って、かなりダーティーな雰囲気。

  • 真野礼二(錦戸亮)
  • 沢口ノンナ(新木優子)
  • 海塚律子(小雪)
  • 虎丸良平(船越英一郎)
  • 猪瀬祐人(矢本悠馬)

 

トレース科捜研の男の原作

原作は、古賀 慶氏のコミックゼノンで連載していた漫画『トレース~科捜研法医研究員の追想~』

トレース 科捜研法医研究員の追想 1 (ゼノンコミックス)

 

脚本

あまりにグロすぎるので、誰が脚本なのか調べてみました。

  • 相沢友子(人は見た目が100パーセント、本能寺ホテル、プリンセストヨトミなど)

  • 岡田道尚(信長協奏曲、ライアーゲームなど)

結構華やかな脚本家が携わってます。なんで、こんなに暗くて救いようのない話になるんでしょう。。

 

トレース科捜研の男の見逃し配信

FOD(フジテレビオンデマンド)から見る事ができます。

-2019冬ドラマ, トレース科捜研の男
-, , ,

Copyright© ドラマ・ジャパン【話題のドラマ感想ブログ】 , 2021 All Rights Reserved.